カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



『Na roda da capoeira』 1

【訳出済】
 さっそく行きましょう!本文のない写真ページもアップしていくので楽しんでください。

f0036763_23215015.jpg


 カポエイラはダンスであると同時に格闘技でありゲームであり音楽でもある複合的な側面を持った芸術だ。それらの要素はホーダの中で展開される。ホーダとは、カポエリスタたちが世の中(grande roda)の仕組みを身体的、リズム的パフォーマンスを通して演出するひとつの儀礼である。

 カポエイラがいつどのように生み出されたかはよくわかっていない。確かなことはバイーアにおいてホーダが発達し、カポエイラ独自の表現形態として定着したということである。今日カポエイラは、世界中に散らばったメストリたちによって五大陸に広められ、さまざまな国籍の人々によって取り組まれている民衆文化である。

 今日の人気の高さにもかかわらず、それは必ずしも人々に親しまれてきたわけではないし、ホーダが代表的な表現形式であったわけでもない。19世紀のリオにおいてはカポエイリスタ(カポエイラ)たちはマウタと呼ばれるグループを作り、当局から厳しい迫害を受けていた。とりわけ奴隷制廃止と共和制の宣言に伴い、1890年10月11日カポエイラをすることは刑法の中に犯罪として規定されることになった。その第402条によると「路上や公共の広場でカポエイラージェンとして知られる身体運動をすること」は犯罪になった。

 バイーアの首都では状況はやや穏やかだった。その理由のひとつに、バイーア州にはカポエイラを犯罪として規定する法律がなかったことがある。そのことが遊戯性、象徴性、宗教性を併せ持った儀礼としてのホーダが発達することを可能にした。

f0036763_23212747.jpg

[PR]
by vadiacao | 2010-05-17 21:23 | カポル語道場
<< メストリ・コブリーニャの「Pe... 【体験者募集】モゾワンダーシテ... >>


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧