カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



本当の先生は教えない

 先日の『中日新聞』朝刊の「けさのことば」に紹介されていた言葉です。

聞かれないのに返事ができようか。本当の先生というものは教えない。
                                『随筆八十八』中川一政

 解説にはこうあります。

教えることをしないからこそ生徒は教わることができる

生徒は与えられないから取ろうとする

飢えた獣はどうしても餌を探す

 ついこの間までのカポエイラの世界、たとえばヘネが話していたパウロ・ドス・アンジョスの指導法、プリーニオが話していたガトの指導法に通じます。あるいはイタプアンをきっかけに知ることになった『禅の射手』に登場する阿波師範の指導法。あぁ、グランジに本返さないと・・・。

 学ぶ側の渇き、探求欲、真剣な姿勢があって初めて成立する伝承の形ですね。それでも昨今のコーチング理論などからすれば、さしてやる気のない人に対しても、成果を褒めながら、小さなやる気の芽を折らないように導くのが優れた指導者ということになります。

 「お前が聞かないから教えようがない」と言い放つのは、カポエイラにせよポルトガル語にせよ、「先生も現実に即して少しは指導法を研究なすってください」と言われそうです。

 いいのか、わるいのか・・・。
[PR]
by vadiacao | 2011-07-15 11:14 | レッスンの感想・提案
<< カンナのボイWS 7/25 カポエイラ・ショップ “ビリン... >>


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧