カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



カポエイリスタはブラジルの民間大使

f0036763_15471474.jpg
 ロンドンのポンシアニーニョ率いるコルダゥン・ジ・オウロで練習している弥生さんから、メストリ・ブラジリアの写真が送られてきました。バチザードのときの様子です。メストリは5月14日からイタリア、同26日からイギリスをまわって、6月7日にサンパウロに戻ります。

 後ろには、メストリ・ゼー・アントニオ、エスピホ・ミリンの姿も見えますね。弥生さんからの情報によれば、エスピホは今後数年間オランダに拠点を構えて、カポエイラを教えるそうです。

 現役、最長老のメストリ・ジョアン・ピケーノのパスポートは、80歳を過ぎてから急にスタンプの数が増えました。それまでブラジル国内だってさほど旅行したことのなかったメストリが、折からのカポエイラ・ブームに乗って、地球の反対側から引っ張りだこにあっています。くれぐれも健康には気をつけていただきたいですね。

 いまやブラジル人のメストリはカポエイラの普及のために世界中を飛び回っています。ブラジル国内の道場よりも外国にいるほうが長いなんていうメストリも珍しくないですね。ブラジルの生徒たちにとってはお気の毒ですが、一方でメストリたちにとってはカポエイラの重要な普及活動であり、非常に魅力的な収入源ですから、仕方がないとも言えます。

 それにしてもカポエイラを取り巻く人の流れには驚くべきものがあります。ブラジルにいたときでも、ほんの小さなバチザードのために、わざわざフランスから来たとか、イスラエルから来たという人たちに会いました。そのフットワークの軽さ!ビリンバウの鳴るところ、カポエイリスタはどこへでも飛んで行きます!サルヴァドールのペロウリーニョは、カポエイラをするために集まった外国人で年中あふれかえっています。

 その役割はさながらブラジルの民間大使とでも言えるでしょうか。カポエイラの性格そのものが勝敗を明確に付け切らない「微笑みながらできる格闘技」ですから、交流の手段としてもこれ以上のものはないですね。
[PR]
by vadiacao | 2006-06-01 15:51 | カポエイラ全般
<< 葉枯病? カバッサ棚の骨組み >>


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧