カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



名古屋の4Mとカポエイラの4M

 昨日、練習の帰りの車の中でふと思い浮かびました。

 名古屋には4大百貨店の4M(三越、松坂屋、丸栄、名鉄百貨店で、いずれもMで始まります)があるけど、カポエイラの特徴を表すキーワードも4つのMでまとめられるんじゃないかなぁ・・・、と。皆さんもだいたい思い浮かぶんじゃないでしょうか?

 私が考えたのは、mandinga(マンジンガ)、malicia(マリーシア)、molejo(モレージョ)、maldade(マウダージ)です。これに、もうひとつ、maliciaとほとんど同じような意味ですが、manha(マーニャ)もありますね。

 mandingaは、日本語に非常に訳しにくい言葉のひとつです。意味が遠くなることを恐れずにあえて訳すなら「魔術」「魔法」などとなるかもしれません。ジョアン・ピケーノの本にも頻繁に登場しますが、その昔バイーアのならず者たちはmandingaを会得して、自由に姿を消したり、拳銃の弾も通さない不死身の肉体を手に入れたといいます。カポエイリスタでは、かのビゾウロ(※1)が有名ですね。

 mandingaという言葉は、アフリカのマンディンカ族に由来するといわれています。マンディンカ族には呪術を使う者が多かったことから、これが一般化されたようです。詳しいことは私も分かりません。でもマンディンカ族というと、私より古い世代の人は覚えているでしょうか?北米の奴隷制を描いたアレックス・ヘイリーの傑作ドラマ『ルーツ』の主人公クンタ・キンテが、何をかくそうマンディンカ族の出身でした。

 maliciaという言葉は、ブラジル・サッカーの特徴を表すキーワードとしてもときどき耳にしますね。ロナウジーニョのトリッキーな動き、自分の意図を隠すポーカーフェイスは、maliciaがあるということになります。

 molejoは「やわらかさ」、どちらかというと肉体的な柔軟性に対して使われる気がします。Ele tem molejo no corpo. といえば、「彼はしなやかな動きをする」というような意味になります。カポエイラの歌にも、結構出てきますね。

 maldadeは、「不正」とか「悪意」という意味です。メストリ・アコルデオンの何枚目のCDだったか忘れましたけど、とても美しい次のような語りがあります。
ある日、メストリ・パスチーニャに聞いた。「カポエイラとは何ですか?」
道場の窓際にもたれていたメストリは、遠い昔を思い巡らすように一点を見つめ、やがてあの柔らかい声で答えた。「Capoeira e tudo que a boca come(カポエイラとは、口が食べるすべてのものじゃよ)」。

同じ質問をメストリ・ビンバにした。「capoeira e maldade, meu filho!(カポエイラとはマウダージじゃ、息子よ)」
 その後読んだメストリ・アコルデオンの本『Agua de beber』には確か次のような意味の解説があったと思います。2人のメストリの意見は、一見、まったく正反対のことを言っているようだが、実は当時のネグロたちが困難な現実に立ち向かうときの2つの典型的な立場を代表している。パスチーニャにとっては、カポエイラとは生活のすべてであった。人生のいいことも悪いこともすべて受け入れる立場。それに対してビンバにとってのカポエイラとは、社会のさまざまな危険から身を守り、不正に対抗するための戦術であった。

 メストリ・ビンバは、カポエイラそのものが悪いといっているのではなくて、たぶん彼が言おうとしたのは、カポエイラが生み出された社会、現在の自分たちを取り巻く現実が悪であり、悪には悪、不正に立ち向かうには、狡猾で抜け目のない肉体と精神が要求されるのだ。それがカポエイラなのだ・・、ということじゃないかと想像しています。

 頭の中で考えたのはほんの数十秒ですが、書くと長くなっちゃいました。
                                              久保原信司


※1:関心のある人は「カポエイラ入門」の「カポエイラ研究室」に掲載した小文「伝説のカポエイリスタ、ビゾウロは実在した」も読んでみてください。
 
[PR]
by vadiacao | 2006-01-11 03:02 | カポエイラ全般
<< やはり野に置けカポエイラ 日本でカポエイラ・リーグ創設の動き >>


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧