カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



メストリ・デカニオとの約束:ビンバの秘蔵映像を発掘せよ!

f0036763_1312858.jpg メストリ・ビンバの最も初期の弟子の一人で、カポエイラ・ヘジオナウの確立にも大きくかかわったメストリ・デカニオ【Mestre Decanio】。今年81歳になりますが、まだ現役のカポエイリスタとして、毎週土曜日、フィーリョス・ジ・ビンバ【Filhos de Bima】で行われるホーダにも顔を出します。またメストリは、これまでに『A heranca de Mestre Bimba(メストリ・ビンバの遺産)』『A heranca de Mestre Pastinha(メストリ・パスチーニャの遺産)』『Manuscritos e desenhos de Pastinha(パスチーニャの手記)』などの著書もある、第1級のカポエイラ研究家でもあります。

 彼の自宅は、パリッピ区のツバロン海岸に面した、それは美しいところにあります。玄関前に大きなアセロラの木があって、ちぎって食べたらとてもすっぱかったのを覚えています。私は、ある目的のために一昨年、ここを訪れました。その目的とは・・・、かつてメストリ・ビンバの道場に日本のテレビ取材が入ったという話の真偽を確かめることでした。
 
 突然電話でアポをとって取材を頼んだ私を、メストリは自ら車でバス停まで迎えに来てくれました。カポエイラに関する雑談が一段落したとき、私は本題を切り出しました。このときメストリの顔色が明らかに変わったのを覚えています。「んー」と、ひとしきり沈黙し、遠い記憶をたぐり寄せているようでした。そして少しずつ語り始めました。

 確かにその事実はあった。局名は覚えていないが東京のテレビ局だった。たしか50年代だったと思う。ノルデスチ・ダ・アマラリーナのビンバの道場で、カポエイラ、サンバ・ジ・ホーダ、カンドンブレの撮影を行った。それは4時間以上に及んだよ。もしあのときの映像が出てきたら、それこそカポエイラの歴史研究には最高に貴重な資料じゃよ!
 メストリの興奮がこちらにも伝わってきました。私は、日本に戻ったら、このときの取材映像を探すことを約束して、メストリ宅を後にしました。

 しかしながら今日までこの約束を果たせないでいます。私も個人的な知り合いなどを通じてNHKはあたりましたが、めぼしい収穫はありませんでした。それでも70年代、80年代にNHKがおこなったカポエイラ関係の取材映像は入手することができました。私が依頼したのはディレクターですが、彼によれば、古いテープは、社内の人間でもアクセスが難しいとのことでした。ですから私がたどり着けなかっただけで、これでNHKにはもうないと決まったわけではありません。

 そこで皆さんにも協力をお願いしたいと思います。特に東京のカポエイラ団体の方は、しばしばテレビ取材などを受けると思いますが、もしそういう時のコネクションを使えそうな人は、ダメもとでぜひ当たってみてください。もちろん取材に来る若いレポーターよりも、上に行けば上に行くほど権限は強くなります。

 もし「どのテレビ局のどこにある」というところまで突き止められれば、ブラジル政府の文化省を動かして、公式にその映像のコピーを請求することはできると思います。これは私のブラジル側のコネで可能ですので、問題は日本のどこにそれがあるかを見つけることなんです。長崎のカポ衛門さんは、テレビ局にお勤めですが、なんかいいアイデアはないものでしょうか?

 今回のものに限らず、50年代、60年代に海外のメディアが行った取材の中には、かなり貴重な映像が残っていると思われます。事実、先日もフランスで2本のテープが見つかったそうです。私はまだ見ていませんが、なんとメストリ・ヴァウデマール【Mestre Waldemar】がジョーゴをしているシーンがあるとか!また今はもうかなり有名になっていますが、フランス領マルチニーク島のラージャ(カポエイラの兄弟のような格闘舞踊)の映像も、米国の博物館から見つかっています。これは私も見ましたが、1930年代に撮影された無声映像です!!

 ということで日本国内にも、否、日本国内だからこそブラジルにさえないお宝が眠っている可能性は十分にあります。それを発掘するには、当然、日本人であるわれわれが一番近いところにいるわけです。なんとか2006年中にドデカイ発見をしたいと思いませんか?皆さんもぜひご協力をお願いします。
[PR]
by vadiacao | 2006-01-25 13:12 | カポエイラ全般
<< 日本カポエイラ連盟の関西地区会議 カポCDはオリジナルを尊重しよう! >>


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧