カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



メストリ・パウロ・ドス・アンジョスを偲ぶイベント

f0036763_840164.jpg
















 昔から懇意にしていて、昨年は日本にも招聘したメストリ・ヘネのグループACANNE(Associação de Capoeira Angola Navio Negreiro)が、その師匠メストリ・パウロ・ドス・アンジョスを偲ぶイベントを8月15日に企画しています。

 パウロ・ドス・アンジョスは、メストリ・カンジキーニャの弟子で、私の師匠メストリ・ブラジリアの同期になります。カポエイラを始める前はボクシングをしていました。その後メストリ・ビンバを見てカポエイラを知りますが、実際に師と仰いだのはカンジキーニャでした。

 一般的にはアンゴレイロと認知されていますが、カンジキーニャの流れを汲んで、上も下も自在のジョーゴが特徴でした。またカポエイラ史に残るカンタドール(歌い手)と評する人もいて、彼の残した生涯1枚のレコード『CAPOEIRA ANGOLA DA BAHIA』は非常に高く評価されています。ただレコーディングを行ったのは、メストリの友人でグルーポ・ムゼンザを率いるメストリ・ブルゲィスで、パウロの弟子たちはまったくかかわっていませんでした。そうであれば実際のパウロ・ドス・アンジョスのグループのサウンドが再現できるはずもなく、それが弟子たちにとっては悔しく思われるのです。それでもあれだけの評価を得た作品になったのですから、なおさらですね。「せめてビリンバウだけでも俺かジョルジ・サテリチ、ジャイメが弾いていたらぜんぜん違うものになっていた」というのはヘネの口癖です。

 当時パラナ州クリチバに拠点を置くムゼンザは、興行的にも最前線を行っていました。ジョアン・グランジ、ジョアン・ピケーノなど何度呼ばれてパラナに行ったことか。まだジョアン・グランジがアメリカに渡る前の話ですからね。ブルゲィスは、アンゴラもヘジオナウも分け隔てなく、古い先生から若い先生まで、いわゆるビッグ・ネームを一同に集めての大々的なイベントを連発していました。ブラジルを代表するメガ・グループ、アバダ・カポエイラが、招聘するメストリを厳選して、どちらかというと閉鎖的なイベントを行っていたのと対照的に、ムゼンザは非常にオープンな付き合いが特徴だったといえます。いろいろ彼を批判する人もいますが、今振り返ってみるとスタイルを超えてあれだけのメストリが会した集まりは他になかっただろうと思いますし、おそらく今後も難しいでしょう。スアスナ、ブラジリア、ジョエル、アコルデオン、イタポアン、故エズキエウ、モライス、、ボネコ、ネネウ、バハゥン、フッキ、カチトゥなどなど。あぁ、ただひとつリオのセンザーラが行ったシィルコ・ヴォアドールのミーティングぐらいですかね、匹敵するのは。ムゼンザのそれらのイベントのひとつを記録したのがカポエイラ・ショップ ビリンバウでも販売している3巻のDVDです。

 話がそれました。パウロ・ドス・アンジョスですね。彼は99年、私がサルヴァドールでヘネのワークショップに参加している時に亡くなりました。しばらく入院中で、具合がよくないことは聞いていたのですが。レッスンの最中に、ヘネが沈痛な表情でメストリ死去の知らせを参加者に伝えたことを鮮明に覚えています。

 翌日の彼の葬儀にはアンゴラもヘジオナウもバイーア中から多くのカポエイリスタたちが駆けつけました。私も、メストリ・ブラジリアから頼まれて、アカデミアの名前で花輪を出しました。墓地の広場では大きなホーダが厳粛に行われ、弟子たちはみな泣きながらジョーゴをしていました。私は「カポエイラにはこんな雰囲気のホーダもあるのか」とショックを感じました。ただヘネだけは、「人が死ぬことは悲しむに値しない。にぎやかに送り出すものだ。自分のときはみんな明るく振るまって欲しい」という師の言葉を守り、赤い目をしながら笑顔を作っていたのが痛ましく思われました。

 ホーダが終わると家族が遺影を持ち、弟子たちが旗を掲げ、ビリンバウを弾きながら、メストリの棺は墓石までの道を行進しました。

 今回ヘネが行おうとしているのは、パリにいる息子や、ブラジルに散らばっている弟子たちと協力して、同じ日に同じ目的のイベントを行おうというものです。場所ごとに少しずつ内容が違いますが、当然サルヴァドールが一番充実していて、写真の披露、ビデオ上映、ヘネとジョルジ・サテリチの対談、ホーダ、サンバ、カクテル・パーティーと続きます。これらすべてが、あの質素で手狭な、でもアシェに満ちた、住居の1階を利用したアカデミア(道場)で行われるんですね。
 
 昨年ヘネを呼んだとき移動の車の中でいろいろ話をしました。彼によると、カポエイラを始めた当初、メストリのお気に入りはジョルジで、ヘネはあまり目をかけられていなかったようです。それでもヘネは人一倍努力しました。あるとき練習の中で一人ずつ目標か何かを話す機会に、「自分はパウロ・ドス・アンジョスの弟子として一番有名になる」と言ったそうです。これには生徒もメストリも大笑いし、ヘネは悔しく思ったといっていました。それから何十年の時が過ぎ、晩年、病床を見舞ったヘネにメストリが、「Neguinho, voce conseguiu(おまえはやり遂げたな)」と言ってくれたそうです。聞かされた私も胸が熱くなりました。

【プログラム】
■Salvador - BA - Brasil

Responsável: Mestre Renê Bittencourt
ACANNE - Associação de Capoeira Angola Navio Negreiro

End:. Rua do sodré, nº 48 - Bairro: Dois de julho

19:00h - Mostra Fotográfica
19:30h - Exibição do vídeo "Recordando o legado ancestral" de Mestre Paulo dos Anjos
20:00h - Diálogos com Mestre Renê e Mestre Jorge Satélite sobre as suas vivências com Mestre Paulo dos Anjos
20:30h - Roda de Capoeira Angola
22:00h - Samba de Roda e Coquetel de confraternização

Informações: Fone: 71 3321-7496 / 71 91465999
email: acannezion@hotmail.com ou mestrerene@yahoo.com
site: www.acanne.org ou www.acanne.com


■Paris - França

Responsável: Contra-mestre Reny
ACANNE - Associação de Capoeira Angola Navio Negreiro

End: 35, rue de meaux - 75019 Paris

19:00h -Diálogos com o Contra-mestre Reny sobre a sua vivência com mestre Paulo dos Anjos
19:30h - Roda de Capoeira Angola
21:00h - Samba de Roda

Informações: 33 062 7860158
email: massaireny@hotmail.com


■Port of Spain - Trinid Tobago

Responsável: Trenel Cris
ACANNE - Associação de Capoeira Angola Navio Negreiro

End: 27, ertigrond, Belmont port- of-spain

18:00h - Diálogos com a trenel Cris sobre a sua vivência com Mestre Paulo dos Anjos
18:30h - Roda de Capoeira Angola

Informações: 18 68 7398437
Email: zambia_angola@hotmail.com


■Passo Fundo - RS - Brasil

Responsável: Contra-mestre Edson
ACANNE - Associação de Capoeira Angola Navio Negreiro

End. Av. Brasil, nº 2446 - Bairro: Boqueirão

19:00h - Roda de Capoeira Angola e reflexão sobre a contribuição de Mestre Paulo dos Anjos na capoeiragem moderna

Informações: Fone: 055 54 81171168


■Carazinho - RS - Brasil

responsável: Jamaica
ACANNE - Associação de Capoeira Angola Navio Negreiro

19:00h - Roda de Capoeira Angola

Informações: 55 54 99479799
email: jamaicaangola@yahoo.com.br


■Porto Alegre - RS - Brasil

Responsável: Prof. Guto
Áfricanamente Escola de Capoeira Angola

End. Av. Protásio Alves, 68 - Rio Branco

19:00h - Exibição de vídeo sobre Mestre Paulo dos Anjos
19:30h - Roda de Capoeira Angola
21:00h - Samba de Roda e Coquetel de frutas

Informações: 55 51 3737-5450 ou 9965-9335
email: africanamente@terra.com.br
site: www.africanamenteescoladecapoeiraangola.blogspot.com


■Tramandaí - RS - Brasil

Responsável: Instrutor Rogério
Áfricanamente Escola de Capoeira Angola

End: Rua Davi Canabarro, 339

19:00h - Exibição de vídeo sobre Mestre Paulo dos Anjos
20:00h - Roda de Capoeira Angola

Informações: 55 51 9884-6837
email: pulga_rs@hotmail.com
[PR]
by vadiacao | 2008-08-11 11:45 | カポエイラ全般
<< カポル語道場のカテゴリーを新設 ヴァジアソン主催のイベント:秋... >>


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧