カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



「肝が据わっている」タチアナのジョ-ゴ

 前に紹介した映画『Maré Capoeira』の記事で、「最も敬意を払う女性カポエイリスタの一人」と書いたタチアナのジョーゴを紹介します。

 彼女は、リオのメストリ・マホンのグループ・メンバーで、フェハドゥーラたちと一緒に練習しています。今回の映像も今年の7月にマホンとメストリ・ゼー・バイアーノ、コントラ・メストリ・ユーリとともにヨーロッパを回ったときのものです。





 彼女のジョーゴを見て改めて思うのは、ジョーゴにおける気持ちの持ち方の重要性ですね。例えば女性が男性とするとき、あるいは小柄な男性が筋骨隆々とした男性とするとき、あるいは有名なメストリとするとき、私たちは最初から萎縮してしまいがちです。実際には始まってみなければ分からないのに、向こうのほうが上手いはずだというイメージに飲まれてしまうんですね。これが私たちのジョーゴを制約する最も大きな要因だと私は考えています。

 ところがタチアナにはそれがまったく見られません。逆に「おいおい、そんなことして大丈夫か?相手を怒らせちゃうんじゃないか?」と見ているこっちがドキドキさせられたりします。しかし彼女が本当にすごいのは、それで相手がかっとしても、まったく物怖じせず、むしろさらに冷静に立ち回って、相手をひっくり返してしまうところです。そういうことができるのは、単に精神的に大胆なだけでなく、しっかりした技術的な裏づけがあるからですね。それが見ていてとても小気味いいんです。

 そういうシーンを私は何度も目の当たりにしてきましたが、たぶんこの映像からもそういう片鱗は伝わるのではないかと思います。

 メストリ・マホンとは、次の機会に日本に呼べるよう話をしていますので、タチアナも一緒に呼べるかもしれません。ヴァジアソンの女性メンバーにも、ぜひ会わせたいカポエイリスタです。





[PR]
by vadiacao | 2008-09-23 22:33 | カポエイラの技術
<< 新しいタイプのイベントの構想 シーン12 : 他団体のホーダで2 >>


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧