カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



カポツアー2005 - サンパウロ前半編

 昨年11月に行ったヴァジアソンのカポツアー2005の参加メンバーがすごい勢いで日記を更新しています。これを読んでいると、あの充実しきった日々がまざまざとよみがえって来ます。それにしてもほんのついこの間のことなのに、なんかだいぶ昔のことのように思えますね。それだけ日本での私たちの生活リズムが慌しいということなんでしょうね。

 グループの仲間を引率してブラジルに行くのは初めてのことだったので、私にとっても単独とは別の緊張感がありました。ポル語を話せない人たちを、治安の決して良くないブラジルに連れて行くんですから、いくら自己責任とはいえ、かなり気を使います。「そんなところで財布広げないで」「そこから向こうへ入っちゃダメだよ」と、まさに役割はツアーガイドでした。
 
 サンパウロには朝一番の到着です。たいていいつも霧がかかっています。この日もそうでした。宿に着いたらシャワーだけ浴びて、さっそく散策。リベルダージのメインストリートからセー広場を抜け、ヘプブリカ広場へと向かいます。昼間とはいえ、いずれも気を抜けない場所です。いくつかのカポエイラ・ショップや本屋などを紹介し、お昼は簡単なシュハスコを食べて、夜はメストリ・ブラジリアのアカデミアに行きました。本当にこの日は1分1秒を惜しんだ強行軍でしたね。

散策(Viagra):http://capotour.exblog.jp/701210/
   (Morango):http://capotour.exblog.jp/800527/

 翌日はメストリ・ビンバの生涯を描いた映画『Capoeira Iluminada』の試写会や友人との食事会。長崎と広島でカポエイラのグループを持っていたTUCAとも再会しました。
 
f0036763_1114311.jpg

 試写会後に仲間たちと記念撮影。真ん中にしゃがんでいるのがメストリ・ブラジリア。左端に立っているのはメストリ・グラドソン。この試写会では、サンパウロのそうそうたるメストリたちの姿を見かけました。 



試写会(Viagra):http://capotour.exblog.jp/767220/
     (Morango):http://capotour.exblog.jp/801825/

3日は午前中サンパウロ大学、午後からメストリ・フラビーニョのCordao de Ouroへ行きました。フラビーニョは、私のバチザードでジョーゴをしてくれたメストリで、彼のジョーゴのスタイルには私も大きな影響を受けました。彼の生徒であるスポッキは、カポエイラを専門分野のひとつとするカメラマンで、『Revista Capoeira』『Praticando Capoeira』といったカポエイラ雑誌が創刊された当時から写真を提供していたパイオニアです。

Cordao de Ouro(Viagra):http://capotour.exblog.jp/810965/
            (Morango):http://capotour.exblog.jp/802676/

 3日は、みんなとは別行動で、私はメストリ・ジャイメとメストリ・カヴァコを訪ねました。パウロ・ドス・アンジョスの弟子であるジャイメ・ド・マル・グランジはバイーアのイタパリカ島出身で、ジェルソン・クアドラードのCD制作に中心となって尽力した人です。メストリ・カヴァコは、サンパウロのビリンバウ職人としても知られているアンゴレイロで、故トマースのアトリエを継いで、素晴らしいビリンバウを作っています。

f0036763_1112261.jpg


 右がメストリ・ジャイメ。左の緑のシャツはミニョカ。メストリ・アナニアスに最も信頼されている弟子です。





 4日から6日まではフイ・タケグマが主催するFACAのカポエイラ・アンゴラ・イベントに参加しました。今回のメインゲストは、リオのカシアスでホーダを取り仕切るメストリ・フッソです。ペイシ、グラフィッチといった右腕たちを引き連れて、サンパウロにやってきました。今回のブラジル旅行では、いずれにしてもリオでメストリ・フッソを訪れる予定でしたので、サンパウロでお会いできて幸運でした。その後リオでも、また会ったんですが・・・。

講習会(Viagra):http://capotour.exblog.jp/897235/
     (Morango):http://capotour.exblog.jp/875510/
     (Darai):http://capotour.exblog.jp/970849/

 7日には、ビリンバウ・ブルースの先駆者ジーニョ・ナシメントを自宅に訪ねました。彼とは以前から何回か会っていましたが、自宅にうかがうのは今回が初めてです。ビリンバウのストックやリハーサル室なんかも見せてもらいましたよ。なかでも直径60センチほどの特大カバッサで制作したビリンブン【berimbum】は、圧巻でした。ちょっと触らせてもらいましたが、音の次元が違います!

 この日の晩から夜行バスでリオに向かいました。
[PR]
by vadiacao | 2006-02-27 11:08 | その他・雑談
<< シマケン来名 知立東小学校でのカポエイラ >>


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧