カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



カテゴリ:パポエイラについて( 4 )

新ブログ「カポエラジオ」開局!

 突然ですが、ブログをpodcastを配信できる機能の付いたものに切り替えました。

 名前はカポエラジオ。アドレスは、http://capoeiradio.com/です。

 カポエイラ+ラジオという、非常に分かりやすいネーミングで、さっそく番組第1弾も配信しています。Roda de Papoeiraも、これはこのまま残しておきますが、新しい記事はカポエラジオに掲載していきますので、ブックマークや登録の変更をお願いします。

 今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by vadiacao | 2011-08-17 17:00 | パポエイラについて

「昔の名前ぇ~で出ていぃま~す♪」 Orkut復活しました

 以前登録しただけで、ぜんぜん使っていなかったOrkutを昨日復活しました。といっても、特定のコミュニティでちょっと調べたいことがあったためで、日記を公表したり、友人と交信したりという目的ではあまり積極的に使うつもりはありませんが。

 カポエイラ関係でも、まじめなパポエイラが展開されているコミュニティがたくさんあって、いろいろ考えを鍛えていこうと思ってます。このブログのネタにもなりますしね。

 OrkutはブラジルでもっともポピュラーなSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)です。ポル語では「オルクウチ」と発音します。関心のある人はこちらへ。

 前はメンバーの招待がないと登録できなかったはずだけど、現在はその場でアカウントを取得できて、誰でもすぐ利用できます。
[PR]
by vadiacao | 2008-09-07 23:45 | パポエイラについて

盛り上がりに欠けるパポエイラのホーダ

 知っているんですよ、あなたもちょくちょくここを訪れていることを!アクセス解析を見ると、毎日50人から100人の方がこのページを気にかけてくれています。これは私としてはすごく意義ある数字だと思っています。考えても見てください。毎日100人が集まるホーダなんてないわけですから。もちろんこの場合のホーダは、ヴァーチャル(仮想の)ホーダです。しかし、そこでも言葉によるジョーゴができるんですよね。

 このブログも開設してから3ヶ月あまりになりますが、いまいち思い描いていたようなパポエイラが展開していないです。一番の責任はグンガを担当する私、久保原にあるとしても、実際のホーダがコーラスなしでは成り立たないように、いくらリードが孤軍奮闘してもむなしいものがあります。どうも毎回同じ人の声しか聞こえてきません・・・。こちらから一方的に情報を発信するだけであれば、「カポエイラ入門」だけで足りるのですが、意見交換の場になればと思って始めたホーダ(ブログ)でした。

 最近見はじめた方は、巻頭言「パポエイラのすすめ」をお読みください。

 毎日いろんなメールをいただきます。そこで提案なんですが、よほど個人的なことでない限り、ぜひこのパポエイラのホーダに送ってください。そうすれば私ひとりの意見だけでなく、100人のカポエイリスタの意見を聞ける可能性があるわけですから。

 確かに私のジョーゴ(書く内容)がちょっと専門的過ぎて、絡みにくいというのもあるかもしれませんが、そこはカポエイリスタ、マンジンゲイロであるならば、自由に立ち回ってもらって結構です。別に同じ土俵でからむ必要もないわけです。それに相手は私だけじゃありません。あなたが見つめている画面の向こうには、何十人のカポエイリスタがホーダを囲んでいるんですよ。

 考え方はリアルのホーダと同じですね。遠巻きに見て「あぁ盛り上がっていないな」と、あなたが立ち去ってしまえばそれまでです。でもあなたが参加することで、ホーダは確実に焚きつけられるんですよね。そしてそれこそが次の人を呼び込みます。

 3年位前にカポエイラ関係のメーリングリストの中で誰かが書いていたフレーズです。とてもきれいに韻がふまれていて強く印象に残っています。誰かの歌の一節なのかも知れません。
sonho que se sonha so
e so um sonho
sonho que se sonha junto
e uma realidade

“一人で夢見る夢は
ただの夢
みんなで夢見る夢は
もはや現実となる”          意訳:久保原
 さぁ、皆さん一緒にホーダを作りましょう!Solta mandinga no jogo de papoeira!
[PR]
by vadiacao | 2006-04-18 00:31 | パポエイラについて

巻頭言: 「パポエイラ」のすすめ                    ~ Vamos papoeirar camara!

 「パポエイラ」というのは書き間違えじゃありませんよ。「パポ【papo】」というのは、ポルトガル語で「雑談、おしゃべり」という意味がありますが、根っからのカポエイラ好きたちがカポエイラについて意見を交わすことを意味する造語として、「パポエイラ【papoeira】」という言葉を作ってしまったんです。

 尊敬を集めているメストリを誰でもいいから思い浮かべてみてください。彼らは、カポエイラについてなら何時間でもしゃべっていられる人たちじゃないですか?それはただ「カポエイラを愛している」「カポエイラは素晴らしい」と繰り返しているだけじゃなくて、深い知識や洞察に裏付けられた話だからこそ、聞く人の共感を導くのだと思います。偉大なカポエイリスタは、同時に優れたパポエイリスタでもあるんですね。

 今回のブラジル旅行(2005年11月)で、親友のミウチーニョ・アストロナウタ(Miltinho Astronauta※)と一晩中パポエイラしたんですが、そのとき彼に、私がもっとカポエイラについて発言することを強く勧められました。「別に完成された意見を発表する必要はないのだから、今俺たちが話しているようなことを発信していくことは、いろんな人を刺激する。そのなかから新しい意見が出て、カポエイラを取り巻く議論が活発になっていくのだから、もっと気軽にモノを書いたほうがいい」と言われました。

 その通りだよなーと反省しました。私は今まで自分が勉強することで精一杯で、「これも分かってない、あれも分かってない。こんな状況じゃとても発表できない」と、ちょっと硬く考え過ぎていました。しかし、確かに書いていくことで自分の頭の中も整理できるし、なによりも多くの人の意見や批判をもらうことで自分の意見を鍛えることができます。

 恐るおそる出した『Vamos cantar camara - カポエイラ音楽の手引き』も予想以上の反響で、発表すれば誰かの役にはたつんだという手応えも感じることができました。あの中でも書いたように、私の書くことが叩き台、踏み台となって、誰かがもう1段上にのぼっていくことができるとすれば、それこそ最も意味のあることなんですね。

 ということで、今後は私も積極的に発信していくようにしますが、同時にみなさんにもそれを提案したいと思います。カポエイラの特徴はその対話的な性格にありますよね。であれば「パポエイラ」も、発信者からの一方通行ではなく、いろんな人たちからの応答があって初めて「ジョーゴ」が成立します。あなたもパポエイラのホーダに参加しませんか?もっとカポエイラについて語り合いましょう。足を振り回すだけがカポエイラじゃありませんからね。

 カポエイラの実際のホーダでもそうですが、初めて入るとき、あるいはジョーゴが白熱しているときなどは、なかなかコンプラしにくいものです。でも思い切って入ってみたとき、「あぁ入ってよかったな」と感じませんでしたか?ホーダに入った人にしか得られない収穫が必ずありますよね。

 とりあえずこのブログでは、比較的コアな話題をどんどん提供していきたいと思います。カポエイラについての基本的な情報がおおよそ行き渡った今日、それが私の役割であるとも考えるようになりました。私が2000年2月に「カポエイラ入門」を立ち上げたころは、今と比べてもカポエイラの知名度は圧倒的に低い状況でした。ところが6年たった今日、どのホームページでも「カポエイラの歴史」「メストリ・ビンバ」「メストリ・パスチーニャ」など一通りの説明を見ることができます。比較的短い時間に目覚しい進歩だと思います。

 ちょっと話がそれましたが、これからは日本でもパポエイラを盛り上げていきましょう。具体的にはどうすればいいのか?ぜんぜん難しいことじゃありません。カポについて誰かと話せばいいんです。リアルでもヴァーチャルでも。インターネットの掲示板はすごくいい手段です。竜太君のところの「ABC de カポエィラ ド ジャパォン」の掲示板は日本全国のカポエイリスタたちが参加している理想的な場所ですね。残念ながら「カポエイラ入門」の掲示板はほとんど開店休業状態でしたが、今後はいろいろ工夫して行こうと思っています。Vamos jogar capoeira, e papoeira tambem!
                                             久保原信司


※ミウチーニョが編集長を務める「Jornal do CAPOEIRA : カポエイラ新聞」は、どの特定のグループにも組しない公平な記事を掲載する媒体として、今日最もアクセス数が高く、かつ信頼度の高いカポエイラ・サイトです。ぜひ一度アクセスして見てください。
[PR]
by vadiacao | 2006-01-07 17:34 | パポエイラについて


最新の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧