カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



カテゴリ:カバッサ栽培日記( 17 )

養老のひょうたん専門家に突撃インタビュー

f0036763_12384278.jpg 養老の滝でおなじみの岐阜県養老郡でひょうたんを栽培している吉田商店の店主・吉田雄一さん(左写真)に電話を掛けて、定植以降のアドヴァイスをいろいろうかがいました。全く突然の見ず知らずの者からの電話にもかかわらず、親切に教えていただき本当にありがとうございました。

 以下、教えていただいた内容を箇条書きでまとめておきます。ブラジルひょうたんにそのまま当てはまるかどうかは未知ですが、つきさんたちのノウハウと合わせて参考にさせていただこうと思います。

1.植え替えるときには育苗ポットの土を崩してはいけない。葉っぱも大きくデリケートなので、ポットから慎重に出してそのまま植え替える。

2.育苗ポットで育てるときは、必ず1つに1本。そうでないとケンカして、細いまま上に伸びていこうとするから、成功しない。

3.土は冬のうちから牛糞などをすきこんで作っておくが、これから植え替えるならば市販の培養土などを混ぜればよい。石灰も少々まぜる。ただしそんなに神経質にならなくても育つ。

4.風邪には弱いので、親づるが伸びて支柱に巻きはじめるまでは、強い風に当たらないように気をつける。

5.苗の間隔は1mくらい取ったほうがいい。想像以上につるが伸びる。

6.水はほとんどやらなくてもいい。自分の場合は、真夏の全く雨が降らないときしかやらない。多くの人が水のやりすぎで、かえって腐らせてしまう。

7.自分は畑で土を作っているので肥料もほとんどやらないが、そうでない場合は化成肥料をあげたほうがいい。窒素・リン酸・カリの3要素のバランスの良いものをえらぶ。雨の日の前に、苗の根元にやる。

8.消毒は徹底的に。食用ではないので、倍率も濃い目に。虫対策にはスミチオンとかマラソン、病気対策にはダイセンという薬を使う。自分のところは、すでにウリハムシが来ているので、防虫用のネットをかぶせている。

9.棚の強度はしっかり。乾燥する前の実は水分がどんどんたまるので、かなり重くなる。

10.実は棚の上で生らすようにする。親づるが棚の天井に届くまでは、脇芽を摘んでしまう。そうでないとそこから子づるが出て、途中にも実が生ってしまう。

11.親づるが天井に届いて、子づるが3本ほど出てきたら、親づるを切ってしまう。

12.7月くらいから実が生り始めて、8月いっぱいで成長が止まり枯れ始める。実が硬くないうちは収穫してはいけない。

13.実をあまり多くつけさせるのもよくない。成長を見ながら、大きくならないもの、形のよくないものは摘んでしまう。

14.今年はなかなか気温が上がらないので、芽の出はよくない。これからぐんと上がらなければ、例年並みの収穫は厳しいだろう。

f0036763_1239347.jpg
吉田商店
〒503-1254
岐阜県養老郡養老町養老公園1283
TEL:0584-32-0404


※吉田さんのお写真は、「ひょうたん展覧会」のサイトから転載させていただきました。


 最後に吉田さんは、「また分からないことがあれば連絡ください」とまでおっしゃってくださいました。またお世話になると思いますが、今後ともよろしくお願いします。本日は本当にありがとうございました。

                                      カポエイラ・ヴァジアソン
                                               久保原
[PR]
by vadiacao | 2006-05-15 12:55 | カバッサ栽培日記

ヴァジアソン・メンバーのカバッサ近況

 今年カバッサ栽培に挑戦している仲間の近況です。まだ他にもいるんですが、また時々写真送ってください。

f0036763_21595864.jpg


ちゃんと育つかなあ…
かなり放置プレイなんですけど…
今は葉っぱがもう少し大きくなってます☆
 by キコっち


f0036763_2201551.jpg



私のカバッサちゃんたち。
本当にかわいい!
 by モランゴ



f0036763_2202781.jpg
ウチのカバッサの様子です。
夜になってフラッシュで撮ったものです。
ウチの場合、7つ植えて芽がでたのが3つ、1つは双葉が既に腐っていたので間引きして2つだけです。
 by パラフーゾ

[PR]
by vadiacao | 2006-05-13 22:11 | カバッサ栽培日記

広がるカバッサ・ネットワーク

f0036763_11284020.jpg

 本葉も1,2枚出てきたので、もうすぐ移植しようと思っています。

 一方で昨日ようやく土から顔を出したやつ、未だに芽が出ないやつもあって、同じ日に植えても成長のスピードはいろいろですね。

f0036763_1211672.jpg ところで5月3日の第9回カポエイラ講習会でカバッサ仲間との新たな出会いがありましたよ。山梨県から参加してくれた塩島さん、風間さんは農園で働いていますが、以前ブラジル産のカバッサを栽培したことのある塩島さんによると「グンガ級の大きさで、上に乗っても割れない頑丈なカバッサ」がゴロゴロできたそうです。

 もっともビリンバウに使うとなると、あまり殻の厚いものは不向きです。塩島さんは「土が良すぎたかな」と言っていましたが、「できるか、できないか」という私たちの心配を超えて、「できすぎて困る」という問題に直面している人も、すでに日本にいたんですね・・・。

 大阪のつきさん、茨木のオサさん、山梨の塩島さん、風間さん、そして私たちヴァジアソンと、これまで「点」であった試みが少しずつ「線」で結ばれてきましたね。私たちが知らないだけで、日本全国にはブラジル・カバッサのノウハウを持っている人がまだまだいると思います。日本でカバッサに困らない日も近いかもしれません。

 となれば次はヴェルガですね。岐阜のカポエイラ・サークル「チーム・マカコ」のSAWAさんが、何種類かの木でビリンバウを製作しています。以前ホーダで会って、見せてもらったとき、「これは使えるかも」というのがひとつありました。私も竹で試していますが、耐久性に問題はあるもののメジオ、ヴィオラなら十分使えるものができますよ。

 ビリーバの代用になりそうな木の情報をお持ちの方がいたら、ぜひ情報を寄せてください。

 →「ビリーバを知っていますか?」 : 「カポエイラ研究室」に書いた記事です。まだ読んでいない人はどうぞ。
[PR]
by vadiacao | 2006-05-07 11:33 | カバッサ栽培日記

つかの間の癒し

 いよいよ今晩からメストリ・カヴェイリーニャが我が家に来るので、ベッドを組み立てたり、掃除をしたり、準備に追われています。そんな時、ふとベランダのこいつらの姿を見ると癒されるんですね~。

 1つのポットに2本の芽が生えてきたやつは、早く分けないといけないのでしょうが、今度の日曜までできそうもありません。かといって、今まで芽が出るのを待ちわびていたやつを指で摘み取るなんてできないので、やはり2つに分けて全部育てようと思っています。

 ほっちゃんの実家の畑に棚を作らせてもらえることになったので、そこに全部植え替える予定です。

f0036763_1623988.jpg

[PR]
by vadiacao | 2006-04-30 16:29 | カバッサ栽培日記

1ニョッキ、 2ニョッキ・・・15ニョッキ!

f0036763_8582992.jpg

 いやー、皆さんのコメントからすると、ここまでは怖いくらい順調です。16日にタネを蒔いてから、25日の発芽まで10日間でした。24個の育苗ポットのうち、27日現在15個から芽が出ています。ほかのものも土が盛り上がってきているので、まだまだ出てきそうです。

 私の場合は、タネを蒔く前にまる1日水につけておきました。それから育苗ポットに「種まき用の土」を入れ、1つに2粒ずつ蒔きました。だから写真でも分かるように、2ついっぺんに発芽しているものもあります。

 温度調節については、朝から夕方までは日当たりのいいベランダに出しておき、夜はビニールをかけて、家の中に入れています。水遣りは、朝ベランダに出したとき1回だけです。

 今までのところ、これの繰り返しですね。

 ここまでは順調すぎるだけに、なんか緊張しますね。つきさんの言う、「茎や根が折れてしまい」というのは、どういうときに起こるんですか?植え替えのときですか?
[PR]
by vadiacao | 2006-04-27 09:14 | カバッサ栽培日記

ついに出た!

f0036763_23555475.jpg

 つ、ついに出てきました!!待ちに待った「芽」ちゃんが!

 土の表面が少し盛り上がって、ひび割れてきたので、よく見たら、緑の芽が頭をのぞかせていました。他のいくつかも土が盛り上がってきているので、数日中にはどんどん出てくるような気がします。

 これを機に「カバッサ栽培日記」というカテゴリを設けましたので、今後カバッサに関する記事はこのカテゴリにまとめて行きます。

 ↓ 拡大図です。
f0036763_031177.jpg

 引き続き気を抜かないように育てていきます。今日はいい夢見れそうです!
[PR]
by vadiacao | 2006-04-25 00:09 | カバッサ栽培日記

カバッサ栽培に挑戦!

f0036763_11212891.jpg
 カプーのつきさんから分けてもらった和瓢、つる首、ブラジル種に加えて、私がブラジルから持ってきたカバッサから採取した種を、本日ようやく蒔きました。

 育苗に植える前に、タネを1日水につけておきましたが、これをしたほうがいいという人としないほうがいいという人と分けれるみたいなので、吉と出るか凶と出るかは、文字どおり芽が出るまでのお楽しみです。

 今年はヴァジアソンのなかでも何人かがカバッサ栽培に挑戦します。それぞれいろんなやり方を試してノウハウを蓄積していこう思います。経過、結果は逐次報告していきますね。

 つき大先輩、今後ともアドバイスよろしくお願いします!
[PR]
by vadiacao | 2006-04-16 11:23 | カバッサ栽培日記


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧