カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

たかがポル語、されどポル語

Uma vez perguntei ao seu Pastinha (ある時メストリ・パスチーニャに聞いた)
O que era capoeira (カポエイラとはなんですか?)
E ele mestre velho respeitado (すると尊敬されているベテランのメストリは)
Ficou um tempo calado ( しばらく黙ったあと)
Revirando a sua alma (魂を震わせながら)
Depois respondeu com calma (落ち着いて答え始めた)
Em forma de ladainha (ラダイーニャの形式で)

A capoeira é um jogo (カポエイラとはゲーム)
É um brinquedo (おもちゃ・遊び道具)
É se respeitar o medo (恐怖心を尊重しながら)
É dosar bem a coragem (勇気と混ぜ合わせるもの)
É uma luta (格闘技でもある)
É manha de mandingueiro (マンジンゲイロの仕掛ける罠)
É um vento no veleiro (帆船に吹く風)
Um lamento na senzala (センザーラの中の嘆き)
É um berimbau bem tocado (音色のすばらしいビリンバウ)
É um corpo arrepiado (鳥肌のたった体)
O sorriso de um menininho (子どもの笑顔)
A capoeira é o vôo de um passarinho (小鳥の飛び立ち)
O bote da cobra coral (蛇の一撃)
Sentir na boca, todo gosto do perigo (口の中に感じるあの恐怖の味)
Se sorrir para o inimigo (敵に微笑みかけ)
E apertar a sua mão (握手を交わす)
A capoeira é o grito de Zumbi (ズンビの叫び)
Ecoando no Quilombo (キロンボにこだまする)
É se levantar do tombo (ひっくり返されたら起き上がる)
Antes de chegar ao chão (床に着く前に)
É o ódio (憎悪)
É a esperança que nasce (生まれくる希望)
Uma tapa explodiu na face (顔にもらう張り手)
É foi arder no coração (心の中で燃えさかる)
Enfim, é aceitar o desafio (要するに挑戦を受けいれること)
Com vontade de lutar (戦おうという意志を持って)
A capoeira é um barco pequenino (カポエイラは小船のようなものだ)
Solto nas ondas do ma (海の波間に揺られる)
É um peixe, é um peixinho (カポエイラは小魚のようなものだ)
Solto nas ondas do mar (海の波間に揺られる)



 今日のアレサンドロによるアンゴラ講習会で、「勇気」とか「ユーモア」の話のときに話題に上っていたラダイーニャの歌詞です。拙著『カポエイラ音楽の手引き』にも収録されていますが、今日の参加者の半分以上の人が持っていないので、ここに改めて載せました。

 カポエイラの大好きなブラジル人と話していて楽しいことのひとつに、「あのメストリのあの歌詞がねぇ~」などと、ラダイーニャやコヒードのフレーズを引き合いに出しながら話すことができるということがあります。日本人では、そこまで浸りきっているカポエイリスタはまだそう多くはないですからね。

 それにしてもこの歌の歌詞をじっくり味わってみてください。こういうセンチメンタルな部分を心に持っているカポエイリスタとそうでない人とでは、やはり動きにも違いが出てきます。メイア・ルーアの出し方、ネガチーヴァの降り方、その表現力というか、肉体に先行する何かがにじみ出てくるものです。

 まさにここにこそ私たち外国人カポエイリスタがポル語を学ぶことのきわめて大きな重要性があると思います。マンジンガと称してトリッキーな動きを反復練習し、徹底的にらしく見せることは十分可能ですし、特に日本人ってそういうのが得意です。でもそれとは別の次元で、スピリチャルなレベルのらしさ(流行のインチキ霊能者みたいなのとは関係ないですよ)を追求するためには、ポルトガル語の習得は避けて通れないと思います。もちろんそれは、髪の毛をラスタに結うのとも何の関係もありません。

 またそういうのはアンゴラとかヘジオナウとかのスタイルとはまったく関係ありません。先日、新聞を読んでいたら写真家の方の投稿記事で、「写真家はレンズを通して見えないものを写す」とか「写真を愛する人に悪い人はいない」などという熱~い文章がありました。私は思わず笑えてきて、あぁカポエイリスタもこれと一緒なんだな、なんでも好きが高じてくると、そこに哲学的な意味を込めたり、人生に重ねたりして見始めるものなんだなと思いました。パスチーニャがそうであったように、上の歌の作者トニ・ヴァルガスがそうであるように・・・。ちなみにトニは白人で、リオのセンザーラのメンバーで、今日のコンテンポラニアの礎を築いたグループの一員です。

 こういう熱~い気持ちを感じるのに、必ずしもポル語が話せなけりゃいけないというのではもちろんありません。私たちは私たちとして、ブラジル人とはまた別の文脈の中でカポエイラを想っていればいいんですから。ただもしポル語が話せたら、古いメストリたちの言葉を理解できるし、厚い歴史のより生々しいニュアンスを感じ取れると思います。まぁそれだけの話ですけどね。

 ということで関心のある人はポル語頑張りましょう!
[PR]
by vadiacao | 2007-05-27 04:26 | 音楽(歌・楽器・CD)

ホーダのスポーツ化 -バチザード雑感-

 この木 なんの木 ヒエラルキー、見たこともない木ですから・・・♪

 ホーダの伝統って、カポエイラのスポーツ化の波の中でどこまで譲れるものなのかな・・・、今年に入っていくつかバチザードに参加する機会があったなかで、最近こんなことを考えています。

 カポエイラの伝統の中ではホーダのコマンドはメストリが握っています。すなわちビリンバウ・グンガはメストリに握られています。ジョーゴをする二人は、ビリンバウのシャマーダによってコントロールされます。

 ところが日本のバチザードのように、しばしば絶対的なメストリが不在で、生徒レベルでビリンバウを担当しているような場合、「プロフェッソール(レッスンを引っ張っているという意味において、とりあえずこの言葉を使っておきます)」のなかには、ビリンバウのコマンドをあえて無視するようなケースが見られます。まだ止めたくないんだ、とばかりに・・・。

 ビリンバウをメストリが弾いている場合、生徒がそれを取り上げるということはまず考えられません。逆に生徒がビリンバウを弾いていて、メストリが代わろうといった場合に、「いいえ、もうちょっとだけ」というのも、絶対に考えられません。

 日本の場合、メストリという存在はいないにせよ、まだまだ狭い世界ですから、誰が先輩で誰が後輩かという程度の区別はお互いにつくと思います。ところが実際には、多少腕に覚えのある生徒や文字通りのチャレンジャーが、きわめて気軽に先生たちからビリンバウを取り上げています。この場合に、あるいは「どうぞジョーゴをしてください」という思いやりがあるのかもしれませんが、本来それはメストリが自分で決めるものなんですね。

 バチザードなどで多くの人が集まる場合、オープン・ホーダで同時に複数のホーダを行うことがあります。ヴァジアソンのバチザードでも、遠方からお越しいただいている方にたっぷりジョーゴをしてもらうためにも、毎回3つのホーダを同時進行しています。今回の大阪もそうでした。

 今回の大阪では、ホーダに秩序を回復させるため!に、カプーのフォルマードが次の二人組みの入るタイミングを仕切っていました。これはおそらく必要な対策です。なぜって、悪名高き「横入り」が横行しすぎていますから。多くの人が順番を待ってホーダを囲んでいるところへ、一部の「プロフェッソール(上と同じ意味の)」たちがどんどん割り込んできます。もちろん本当は彼らにはその権利があるんです。メストリが不在の場合、彼らが「メストリ」ですから、彼らは入りたいときに入って出たいときに出ればいいんですね。ただスポーツ・イベント化したバチザードの中で、それを主催団体の方が独自のやり方で取り仕切っている場合は、それにしたがうのが良識だと思います。都合のいいところだけ、カポの伝統をかざして、スポーツ・ルールに従わないのはおかしいですね。

 それにしても・・・です。本来はビリンバウの下から入るところを、ホーダの向こう側から生徒の上をジャンプして飛び込んできたり、多くの人が座って待っているのに、自分の生徒の背中を押して、横入りをさせたり・・・。押された生徒のほうがバツの悪そうな顔をして、困っているではありませんか。

 カポエイラがスポーツ化すれば、当然ホーダの儀礼も形骸化します。何百人も集まって、3つのホーダが同時進行するなんていう状況は昔はなかったわけですから、新しい状況に応じてそれにふさわしいルールが作られていくのは自然なことです。カポエイラの歴史は、まさに新しい状況に対する適応の歴史でもあったわけですし。そこでビッグ・イベントを整然と運営するために各団体がさまざまな代替ルールに工夫を凝らしています。

 そうであれば、イベントに参加する人たちは主催団体のルールに敬意を払い、それを尊重するべきです。そうでなければ、自分たちが主催するときにも尊重してもらえないわけですからね。実際多くの人は尊重しています。素晴らしいことに、多くの生徒の方々は。むしろ問題は、彼らを導く立場にある「プロフェッソール」の一部にあるような気がします。彼らの中にある傲慢さと弱さが、多くのホーダをむちゃくちゃにしています。不幸なことに、見かけ上強そうな彼らを注意できる人は少ないんですね。カポエイラ・ヴァジアソンのイベントでは、私は言います。メストリ・ブラジリアも言います。だからムッとして翌年は来ない人たちもいます。それはそれでいいと思っています。

 カポエイラの本質はリベルダージ(自由)ですが、やはりそれは無秩序とは違いますね。なんか自由と無秩序なんて、本の黄ばんだページの臭いがするような話題になってきましたが、これから先の日本のカポエイラ・シーンを楽しくしていくためには、どうしても考えなければならない問題だと思います。実際ここで書いているようなことは、伝統とスポーツ化なんて大風呂敷を広げるような次元ではなく、一人ひとりのモラルに帰するようなレベルなんですから。
[PR]
by vadiacao | 2007-05-22 09:34 | ホーダについて

翻訳の行方 パート2

f0036763_1335896.jpg 以前「翻訳の行方」としてこのブログにも書いたメストリ・ジョアン・ピケーノの本の話ですが、編者のルイスから一昨日メールが来て、さまざまな問題が解決したから今度こそ実現させようという話が上がってきました。彼のポル語版もどうやら新たに1000部刷るようで、彼としてはそのときに日本語版も印刷したいという意向です。どうなるやら分かりませんので、ご期待くださいとは言いませんが、とりあえずお知らせまで。





 ただこの本の企画とは別に、彼は彼なりにさまざまなメストリを支援するプロジェクトを行っていて、ボカ・ヒーカらバイーアの長老級のアンゴレイロのメストリたち5人のレコーディングを終えています。

 CDジャケットやディスクを印刷する機械を最近購入したということで、これで小ロットずつの制作・販売ができると話していました。もちろん印刷はひとつずつの手作業です。こういうやり方でないとブラジルでは多量の在庫を抱えられる余裕がないんですね。というのもブラジルでもCD制作は結構かかるもので、最低1000枚以上からのオーダーで4,000レアル(約240,000円)くらいするとのこと。なかなか初期投資でそれだけの金を使える人は、とくにカポエイリスタの中には多くないんですね。

 だからメストリ・ジェルソン・クワドラードのCDを制作したメストリ・ジャイメや「Mestres Boca Rica & Bigodinho」「Mestres Felipe & Claudio」を作ったメストリ・マホンらも在庫を補充できない形になっています。素晴らしい作品だけに世に出回らないのはもったいない限りなんですが。私も個人的に協力を申し出ている企画もいくつかあります。
[PR]
by vadiacao | 2007-05-09 12:33 | カポエイラ全般

音楽はカポエイラの魂だ!

f0036763_2274824.jpg


 『Praticando Capoeira』誌
 no.39, p.20から






 先日ブラジルから届いたカポエイラの雑誌をめくっていたら、アバダ・カポエイラを代表する歌い手のボア・ヴォイス(Boa Voz)がインタビュー記事のなかで、なかなかいいことを言っていました。

 カポエイラにおける音楽の重要性についてどう思うかという質問に対して次のように答えていました。
 ブラジルの民俗文化の中で音楽というのはしばしば辛い労働や人生の悲哀と結びついている。たとえば漁民が網を引くプッシャーダ・ジ・ヘジや道を開拓する工事、アフリカ奴隷たちの強制労働などの中から歌が生まれてきた。誤解を恐れずにいうなら、音楽なしではカポエイラは単なる格闘技に成り下がってしまう。魂なくして肉体が生きられないように、音楽こそカポエイラの魂なのだ。
  この考えに私もまったく同感です。もしカポエイラに音楽がなかったら、その魅力はまったく異質のものになっていたと思います。歴史的に見ればカポエイラにも音楽のない時代がありましたし、今日カポエイラを象徴する楽器とされるビリンバウも、そのオーケストラに加わったのは比較的最近のことです。それでもいろんな曲折を経てこういう形でまとまってきたバイーアのカポエイラがブラジル全土を、そして世界中を席巻したのは、まさに音楽の持つ力だったといえると思います。リオのカポエイラがバイーアに勝てなかった一因もこのあたりにあったのでしょう。

 ホーダの質はバテリアの力強さとコーラスの美しさによって決まるといっても過言ではないですね。「パラナ ウェー」が絶妙にハモっているホーダで、柔術まがいの取っ組み合いは見たことがありませんからね。

 それからボア・ヴォイスも言っていますが、今日カポエイラの歌は、外国人がポルトガル語を学ぶ非常に大きな動機、手段として機能しているということもありますね。先月のカポ上映会で流した映画『マンジンガ・イン・マンハッタン』のなかでも多くの外国人カポエイリスタが流暢なポル語でインタビューに答えていました。カポエイラについてもっと知りたい、カポの歌を意味を理解した上で歌いたいという情熱が、そこまで動かすんですよね。そう考えるとすごいことです。
 
[PR]
by vadiacao | 2007-05-07 22:38 | 音楽(歌・楽器・CD)

『カポエイラ音楽の手引き』増補版の発行


f0036763_993717.jpg
 『VAMOS CANTAR CAMARA - カポエイラ音楽の手引き』について第3版を刷らないのですかという問い合わせをたくさんいただいています。先日も大阪のジュンク堂書店から電話があって、卸としては販売していないのかと聞かれてびっくりしました。

 いま第3版のための改訂作業を進めているところです。こんどはマクレレとサンバ・ジ・ホーダの定番レパートリーも収録した大幅な増補版となる予定です。同時にカポエイラの曲についても、新しい情報を追加したり、間違っていたところを訂正したりしていますので、前のものより少しは完成度が高まるはずです。

 さらに世界でもっとも有名なカポエイラ研究者で友人のフレッジ・アブレウ(Fred Abreu)氏が「まえがき」を書いてやるということで、お言葉に甘えて彼にも寄稿してもらうことになりました。

 発行はもう少し先になりますが、とにかく船は動き始めていますので、今しばらくお待ちください。
[PR]
by vadiacao | 2007-05-04 09:11 | 音楽(歌・楽器・CD)

祝!メストリ・アナニアスのアカデミアが再開

f0036763_15382838.jpg


 7年間の休止期間を経てメストリ・アナニアスのグループAssociação de Capoeira Angola Senhor do Bonfimが、5月7日(月)から再開することになりました!

 集会(彼らのグループではレッスンのことをaulaではなくencontroと呼びます)は毎日、午後7時から10時、所在地はサンパウロ市ビシーガ・ベラ・ビスタ区コンセリェイロ・ハマーリョ通り945番(Rua Conselheiro Ramalho, 945 - Bexiga Bela Vista)です。

 メストリの愛弟子で私の親友のミニョカ(Minhoca)がいろいろ動いた賜物です。これで今年のカポエイラ探検隊で訪れるところがまた増えました。
[PR]
by vadiacao | 2007-05-02 18:12 | カポエイラ全般


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧