カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

メストリ・ブラジリア無事到着

 われらが師匠メストリ・ブラジリアが昨日、無事、名古屋に到着しました!

 カポエイラ・ヴァジアソンでは、今日から2週間の集中レッスンが始まります。週末は会場のスペースにも余裕がありますので、他団体の方も参加可能です。

 25日は東京にも行くので、メストリ・ブラジリアのカポエイラに関心のある人はぜひご参加ください。詳しくはこちら。新しい出会いがあるのを楽しみにしてまーす。
[PR]
by vadiacao | 2008-10-23 09:15 | その他・雑談

カポエイラと暴力

 深刻で深いテーマですが、今は忙しいので深入りしません。たまたまのぞいたorkutのフォーラムで見つけたトピックです。


■グルーポ・ムゼンザの大会
 Mega Fightと名づけられた大会で、フルコンタクト(直接打撃を相手に当てる)ルールのカポエイラの試合です。



■死者が出たカポエイラのイベント
 これは有名な事件で、ブラジルで最も視聴率の高いJornal Nacionalというニュース番組で報道されたときの映像です。アバダ・カポエイラがミナスで行ったイベントでの出来事です。最後に出てくる上半身裸のマルコスというカポエイリスタが、わき腹に蹴りをもらって亡くなりました。

[PR]
by vadiacao | 2008-10-20 23:50 | カポエイラ全般

群馬のカポエイラ・フェスティバル

 10月12日に群馬県の大泉町で行われた第1回全日本カポエイラ・フェスティバルに参加してきました。

 日本全国と言っても、さすがに九州や北海道まではカバーしきれませんでしたが、東北から大阪あたりまでのグループがスタイルを超えてあれだけ結集できたこと、まず何よりもこの事実に価値があったと思います。

 プログラムの中心は、各グループ10分間のパフォーマンスでした。その合間に子供たちだけのホーダ、女性だけのホーダ、アクロバットのコンテストやフィナーレにサンバがありました。

 グループごとのパフォーマンスは、非常に興味深いものだったと思います。ふだんバチザードなどだと、他団体の人とジョーゴをする中で、グループごとの特徴の違いというものを感じることが多かったわけですが、やはりそのグループの特徴というのは、そのグループのメンバー同士が組んだときによりはっきりと表現できるものですよね。そういう意味で、今回は落ち着いていろんなグループのパフォーマンスを見ることができて素晴らしかったです。カポエイラと一口に言ってもいろいろなんだということを、参加者全員が感じられたのではないかと思います。

 ただ第2回目、第3回目をイメージしてみるとき、毎回このようなグループ別のパフォーマンスというのではマンネリ化は避けられないと思います。ヴァジアソンも決して例外ではありませんが、どのグループを見てもコアメンバーというのはそれほど変わっていないんですね。いつもどこかのイベントで見かける顔ぶれが、今回も集まってきていました。こういう各グループの中心メンバーが現在の日本のカポエイラを支えているといえるわけですが、おそらく来年も同じようなメンバーが中心になるとすれば、パフォーマンスもそれほど変化に富むものにはならないだろうなと想像しちゃいます。カポエイラはカポエイラ、マクレレはマクレレですからね。もちろんレベルアップはするでしょうが、今年と同じような新鮮さは感じられないのではないでしょうか。

 あとホーダがほとんどできなかったというのは、やはり寂しかったですね。最後に体育館の外で少し行われましたが、事前の告知が十分でなかったことと、遠方からの人は帰途につく必要があったため、どうしても小さなものにならざるを得ませんでした。せっかく全国からカポエイリスタが集まっているんだし、やはりホーダという交流の形式は欠かせないと思います。

 イベントらしいプログラムを組むこととだらだらホーダを楽しむことのバランスが、なかなか難しいですね。ただ今回は初回ということもあるし、ジョーゴは地元でいつでもできるんですから、他のグループをよりよく知ろうというパフォーマンスのアイデアは正解だったと思います。

 全体としては、いいイベントでした。午前2時に起きて、高速飛ばして6時間かけて行った甲斐がありました。実質的にひとりで準備に走り回ってくれた茨城のフィーリョス・ダ・テーハのシナに感謝です!来年も大泉で第2回を開催予定です。今年参加できなかった人はぜひ来年参加しましょう!
[PR]
by vadiacao | 2008-10-20 21:23 | カポエイラ全般

バタバタ

 メストリ・ブラジリアが来週の月曜日にはサンパウロを発つので、最後のやり取りにバタバタです。持ってきてもらう物品の支払いに送金したら、今週から銀行がストライキでお金が下ろせない状況に!夜中まであちこちに電話かけてバタバタです。

 みなさん、先日の群馬のイベントの感想を読みたいんですよね?月曜から急にアクセス数が増えているので、そうかな?と勝手に想像しているんですが、メストリ・ヘネのビザ、メストリ・シャミネの航空券、それぞれのイベントの会場確保など、複数のプロジェクトが同時進行しているので、なかなか普段の仕事に手が回らない状況です。その間にもビリンバウの注文は入るし・・・。

 記事はもう少し待ってくださいね。

 メストリ・ブラジリアが終わっても、翌週は東浦の産業祭り、その翌週はマンモス・フリーマーケットで、3週間おいて、今度はメストリ・ヘネが来日します。
[PR]
by vadiacao | 2008-10-16 13:36 | その他・雑談

シーン16 : メストリ来日対策シリーズ「日中、家で」

◆日中、家で◆

M: Nós vamos sair a que horas ?
C: Para o treino, às 5:00.
M: Certo. Tem alguma coisa para fazer antes?
C: Nada especial. Pode tar descansando aqui, ou se quiser sair, a gente sai. Se o senhor tiver alguma coisa que quer comprar, é melhor resolver logo.
M: Tá certo. Então vou descansar um pouco agora. E depois do almoço quero ver barbeador.
C: Ok. Então vamos pra Yamada Denki depois do almoço.
M: Tá. Obrigado.
C: Nada. Bom descanso.

******************************************

M: 何時にここを出るんだい?
C: 練習には5時です。
M: 分かった。それまでに何かすることはある?
C: 特にはないですよ。ここで休んでいてもいいし、出かけたければ出かけましょう。もし何か買いたいものがあれば、早めに買っておいたほうがいいですよ。
M: そうだね。じゃぁ、少し休んでから、昼食後に髭剃りを見に行こう。
C: 分かりました。じゃ昼からヤマダ電機に行きましょう。
M: うん、ありがとう。
C: いいえ、ゆっくり休んでください。

******************************************
 これまでにも何度も紹介してますが、会話では疑問詞が語末に来ることがよくあります。ここでも

Nós vamos sair a que horas ?
は、本当は

A que horas nós vamos sair ?
ですよね。

 「Tem alguma coisa para +動詞原型」は、非常によく使われる表現で、「~すべき何かがある」「~するための何かがある」という意味です。英語で言う「There is something to +動詞原型」と同じです。

 また、その後に出てくる「Se o senhor tiver alguma coisa que quer comprar」も、仮定法の形をとっているだけで、構造は同じですよ。ただしこっちは「para」という前置詞ではなく、「que」でつなぐ関係代名詞を使っています。「alguma coisa que quer comprar」で、「買いたい何か」という意味です。「o senhor」は「você」の敬称で、目上の人などに用います。

 「é melhor +動詞原型(~するほうがいい)」も、覚えておくといろんな場面で使えます。「resolver」は文字通りは「解決する」の意味で、ここでは「買い物を片付ける」という意味で使っています。

 「barbeador(髭剃り)」は、もちろん電気かみそり、正確に言えば「barbeador elétrico」のことです。ブラジル人のメストリたちが日本で欲しがる人気商品ですよ!なにかお土産にあげようというときに、もし迷ったら、これは喜ばれると思います。ただし海外でも使える電圧の「100-240v」のやつを選んでくださいね。

 「Bom descanso」は「Boa noite」とセットで、「おやすみなさい」という意味でも使えます。
[PR]
by vadiacao | 2008-10-14 10:56 | カポル語道場

メストリ・シャミネのジョーゴ

 来年1月に名古屋に招へい予定のメストリ・シャミネのジョーゴを紹介しましょう。どちらも今年の2月にリオで行われたメストリ・マホンのイベントの映像です。これには私も参加していました。


 メストリ・マホンのアカデミアでのホーダで、長身の白い服がメストリ・シャミネ、相手の黄色いシャツはメストリ・ペルナ・ロンガ、あの素晴らしいCDのあのペルナ・ロンガです。グンガを弾いて歌を歌っているのはメストリ・ボカ・ヒーカ、メジオがフェハドゥーラで、ヴィオラはネストール・カポエイラの息子のイタポアンです。ちなみに画面左端に時々見える、アタバキの手前に座っているのは私です。




 このホーダはイベントの最終日にコパカバーナ海岸で行われたものです。メストリ・シャミネの相手はメストリ・ドミンギーニョスですね。ドミンギーニョスは、メストリ・パウロ・ドス・アンジョスの流れをくんでいるメストリです。現在はサンパウロの海岸地方にアカデミアを構えています。ちなみにこのホーダの映像は、私が撮影したものです。そのコピーをフェハドゥーラに送ったので、それが編集されてYouTubeにアップされているみたいです。


 カポエイラ・ヴァジアソンでは、メストリ・シャミネを2009年1月の連休明け、15日ごろに招へいする予定です。講習会の詳細はまた決まり次第お知らせしますので、関心のある方はぜひ予定を空けておいてくださいね。


[PR]
by vadiacao | 2008-10-09 02:32 | ホーダについて

メストリ・ヘネのホーダ

 昨日、メストリ・ヘネからYouTubeのリンクを張ったメールが送られてきたので、それを紹介しましょう。

■Fazenda Grande

 フェゼンダ・グランジ(Fazenda Grande)というのは、サルヴァドール市の地区の名前で、少し前までヘネが住んでいた家とアカデミア(道場)のあるところです。現在は彼のお母さんが暮らしています。私が99年に彼と初めて会ったのもここでした。近くにはメストリ・ヴィルジーリオの家もあります。

■Ilha de Maré

 イリャ・ジ・マレー。カポの歌にも頻繁に登場する、かの有名な島ですね。この島には車がありません。ヘネはここに簡素な別宅を持っていて、週末に生徒たちを引き連れて行ってはホーダやイベントを行っています。かつては黒人たちの抵抗の拠点ともなった島だけに、ヘネにとっても強い思い入れのある場所のようです。

■Insurreição Rítmica

 ここは現在の家兼アカデミアで、先日行ったイベントのときのホーダの模様です。1階がアカデミアで、メストリは2階に住んでいます。ダライが1年間お世話になったのも、ここですね。

■Feijoada 2007

 冒頭でジョーゴをしているのはメストリ・ボカ・ヒーカですね。最後に登場する、フェイジョアーダを食べているタンクトップの老人がメストリ・ビゴジーニョです。体を壊して具合がよくないと聞いていたんですが、元気そうに見えますね。


 カポエイラ・ヴァジアソンでは、12月4日から14日までメストリ・ヘネを招聘し、名古屋を中心にカポエイラ講習会を行います。昨年に引き続いて2回目の来日です。関心のある方はぜひご参加くださいね。12月13日(土)には東京にも行く予定です。


[PR]
by vadiacao | 2008-10-06 00:52 | ホーダについて

シーン15 : メストリ来日対策シリーズ「翌朝、家で」

◆翌朝、家で◆

C: Bom dia, mestre. Deu para descansar?
M: Ohayou. Deu sim.
C: Quer tomar café já ou quer tomar banho primeiro?
M: Acho que vou tomar banho.
C: Tá bom. Trouxe a toalha?
M: Puts, esqueci.
C: Tá. Toalha tá aqui. Fica à vontade, mestre.
M: Obrigado.

****************************************

C: おはようございます、メストリ。よく休めましたか?
M: おはよう。うん、休めたよ。
C: すぐ朝食を食べますか?それとも先にシャワーを浴びたいですか?
M: シャワーを浴びさせてもらうよ。
C: 分かりました。タオルは持ってきましたか?
M: しまった、忘れた。
C: じゃ、はい、タオルです。ではごゆっくり、メストリ。
M: ありがとう。

****************************************
 再び「deu para + 動詞原型」の登場です。「~できましたか?」という意味でした。「Deu para descansar?」のかわりに「Deu para dormir bem?(よく寝られましたか?)」でも同じ意味ですね。

 こちらがポル語で「Bom dia」と言っているのに、向こうが日本語で答えることってよくありますよね(笑)。メストリ・ブラジリアは仏教を信仰していることもあって、常に日本語を学ぶことに意欲があるので、覚えた単語をいろいろ試します。

 「tomar café」は、そのまま訳せば「コーヒーを飲む」ですが、ブラジルではこれで「朝食をとる」という意味で使います。朝はごはんと納豆だという人も、とりあえずは「tomar café」と言うしかないですね!もちろんお昼や休憩タイムに使えば別ですよ。その場合は、本当にコーヒーを飲むという意味になります。

 「Acho que」は英語の「I think that」です。だから、thatの後に文を続けて、「~と思う」ですね。日本語の「そう思うよ」という相づちは、「Acho que sim」となります。では、逆に相手に「君はどう思う?」と尋ねる場合はどう言うか分かりますか?「どう」にあたる疑問詞は「como」でしたから、

Como você acha?
ですよね。

 「分かりました」と、相手の発言に対して了解を示す言い方を整理しておきましょう。あえて相当する英語を並べると、次のようになります。多少のニュアンスの違いはあるものの、だいたいどれも「分かりました」「了解です」の意味で使います。

Tá bom. = good
Tá ok. = ok
Tudo bem. =All well
似たものに「Tá certo. = correct」というのもありますが、これは「なるほど」と言う意味のほうが近いと思います。

 「Puts」は「puta(売春婦、ちくしょー)」と言う単語を言いかけて、最後まで言わずに、押し殺す言い方ですね。日本語でまねるなら、「ちくしょー」と最後まで言わずに「ちっき」くらいで止めておくような感じでしょうか?要は汚い言葉なので、それくらいの言葉を使いたい気分だよというのだけ示しておいて、言葉を完全に言うのは慎むという感覚だと思います。どの国の言葉でもそうですが、ブラジルにも「売春婦」にまつわる卑語は山ほどあります。

 「Fica à vontade」は、このまま覚えちゃいましょう!「ごゆっくり」とか「ご自由に」という意味で、いろんな状況で使えます。例えば誰かのお宅にお邪魔したときに、

Com licença.(失礼します)
Fica à vontade.(どうぞ、楽にしてください)
とか、友達のビリンバウを弾かせてもらいたいときに

Posso tá tocando o seu berimbau?(君のビリンバウ弾いていていい?)
Fica à vontade.(いいよ、どうぞ)

[PR]
by vadiacao | 2008-10-04 01:35 | カポル語道場

マンモス・フリーマーケットにヴァジアソン

 11月15日(土)、16日(日)と名古屋港のポートメッセなごやで行われるテレビ愛知主催のマンモス・フリー・マーケットにカポエイラ・ヴァジアソンが出演します。

 今年は日伯交流年ということで、フリー・マーケットの中でブラジル・フェアを行うそうです。こんなところにも影響が出てきてるんですね。ブラジル料理の屋台が出たり、カポエイラやボサノヴァのステージといったアトラクションが予定されているそうです。

 ヴァジアソンの出番は両日とも午前11時から11時半になりました。週末の練習をなるべくキャンセルしなくてもいいように、いろいろ無理を聞いていただいて都合をつけていただくことができました。テレビ愛知の担当者様、本当にありがとうございます。

 この前の週には8日(土)に東浦の産業祭りがあるし、12月4日からはメストリ・ヘネの講習会が始まるので、その間の日曜日は3回しかありません。週末しか練習できない人たちのためにも、あまりイベントが立て込むのも考え物なんですね。もちろんイベント出演は楽しいし、宣伝という意味でも大事には違いないんですが・・・。ありがたくて贅沢なジレンマです。謝謝

 マンモス・フリー・マーケットについてのアクセス、スケジュールなどの詳細はこちら


[PR]
by vadiacao | 2008-10-03 01:51 | その他・雑談

愛知県刈谷市で子供クラスをスタートします

 カポエイラ・ヴァジアソンは、10月8日(水)から愛知県刈谷市にあるコレジオ・ピタゴラスというブラジル人学校でカポエイラ・クラスをスタートします。

 対象年齢は4歳から12歳までで、参加費は2,000円(月額)です。

 練習時間は、午後3時半から4時までの30分間が4歳から7歳までのグループ、4時から5時までの1時間が8歳から12歳までのグループと分けています。対象年齢内であれば、日本人のお子さんも参加できますよ。私たちカポエイラ・ヴァジアソンとしても、ここでの活動を日本人児童とブラジル人児童の交流の拠点としていければ、と考えています。このブログをご覧になっている方で、カポエイラに関心を示しそうなお子さんをお持ちの方は、ぜひお気軽に練習を見学にいらしてください。

 今年8月に行った東浦中学校でのカポエイラ・プロジェクトでも、カポエイラが子供たちどうしの交流を促進するという確かな手ごたえを感じることができました。その後、このプロジェクトに参加した日本人とブラジル人あわせて12人の子供たちは、11月8日に行われる東浦町の産業祭りにも出演することになっています。

 そもそも産業祭りに呼ばれることになった経緯というのが、9月14日に名古屋市栄の久屋大通で行われた愛知ブラジル交流フェスタにカポエイラ・ヴァジアソンと子供たちが出演した際、私たちのパフォーマンスを見ていた教育委員会かどこか、とにかく教育関係のえらい方がたいへん気に入って、それをまた東浦町の役所か何かの方にお話しになったそうです。それで東浦町のほうで、それじゃ今度のお祭りに呼ぼうじゃないかという流れになって、東浦中学校のほうへ出向き、中学校から我々にカポエイラ・ヴァジアソンとして再び子供たちとパフォーマンスをしてもらえないかという打診が回ってきた、というしだいです(笑)。

 まぁ、経緯の詳細よりも、自分たちが行ったプロジェクトを誰かが見ていてくれて、それがめぐりめぐって、再び自分たちのところへ帰ってきたという事実が、私にはなんとも嬉しいことでした。

Iê~ volta do mundo, camará
Iê~ mundo da volta, camará
別に私としても、ここまで具体的な即効性のある見返りを期待してやっているわけじゃないですけれど、やはり、やれば誰かしらが見ていてくれるんだという実感は、次の計画への大きな励みになりますね!

 こういう意味で、今回のブラジル人学校でのクラス・スタートも、私たちの活動に更なる厚みをもたせてくれるものになるような気がしています。ヴァジアソンの日本人の大人メンバーにとっても、ブラジル人の子供たちとの交流は、いろいろな意味で学ぶものが多いですし。

Iê~ vamos embora
Iê~ pela barra fora!
 コレジオ・ピタゴラスの住所は、愛知県刈谷市南桜町1-1  電話0566-62-5423。地図はこちらを参考にしてください。刈谷駅から徒歩2分くらいのところで非常に便利です。

 ピタゴラス校でのレッスンの詳細やカポエイラ・ヴァジアソンのその他のレッスンについてはこちら


[PR]
by vadiacao | 2008-10-02 12:42 | レッスンの感想・提案


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧