カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

メストリ・ブラジリアCDの歌詞

f0036763_23493832.jpg

 すでにCDをお買い上げいただいていた方々には、歌詞ページ制作の作業が遅れていてご迷惑をおかけしていますが、ポル語の歌詞はほぼ掲載しました。このあとは日本語訳を早急に載せていきます。今しばらくお待ちください。

 CDの裏面に書いてあります通り、こちらのページに掲載しています。
http://www.vadiacao.org/mestrebrasilia-cd.html

 メストリ・ブラジリアのカポエイラ50周年を記念するベスト盤です。お買い求めはカポエイラ・ショップ ビリンバウへ。→こちら
[PR]
by vadiacao | 2010-07-29 23:54 | 音楽(歌・楽器・CD)

Vadiando 2010で特別セール!

 カポエイラ・ショップ ビリンバウは、7/31に名古屋で行うVadiando 2010で特別セールを行います。

 スアスナ、モライス、トニ・ヴァルガスらのニュー・アルバムやPraticando誌の新刊など、サイト掲載に先駆けて販売します。

 そのほかパスチーニャDVD、MUZENZAワールドファイトDVD、カロリーナCDなど。

 Tシャツ、歌本、パンデイロなども特別プライスで!

 詳しくはこちら。http://www.vadiacao.org/event.html
[PR]
by vadiacao | 2010-07-28 11:12 | イベント情報

メストリ・ブラジリア講習会の路上ホーダ(7/18)

 2010年7月18日に若宮高架下で行われた路上ホーダです。

 オープニングのバテリアは、来週のVadiandoの主役たる新入メンバーを中心に組んでみたけど、だんだん様になってきてるね。とくに女性ボーカルが力強くて、新たなエネルギーが吹き込まれる気がします。

 Vadiando当日は、新入メンバーの奏でるバテリアをバックに、ヴァジアソンの10年選手がジョーゴします!









[PR]
by vadiacao | 2010-07-23 14:15 | ホーダについて

8/21、22 メストリ・シロが名古屋にやってくる!




 カポエイラ・ヴァジアソンでは、東京のAJPPJ(Academia de João Pequeno de Pastinha Japão)が招聘しているメストリ・シロを名古屋にお招きして、カポエイラ・アンゴラの講習会を開催します。

 メストリ・シロは非常に穏やかな人で、ジョーゴにも会話にもそのヒトトナリ、物腰の柔らかさがよく表れています。私もヘネの道場やABCAでジョーゴをしたことがありますが、下のイウナの紹介文にある「一度も相手に技を当てたことも当てられたこともない」というのは冗談じゃありません(笑)。私が知っているジョーゴ・ジ・デントロ、ペ・ジ・シュンボ、アラーニャ、ファイスカといったジョアン・ピケーノの高弟の中で、シロはある意味もっともジョアン・ピケーノ的な表現を継承しているメストリだと思います。


f0036763_17202630.jpgMestre João Pequenoのもとでカポエイラを始め、Mestreの称号を受けるBrasil-Bahiaにある地元Pernambuésにて 20年以上無償でカポエイラを教え続けている。Academiaのカポエイラと比べると危険と言われるストリートでのRODAに参加していたにもかかわらず今まで一度も相手に技を当てたことも当てられたこともないという奇跡的な男。彼の放つ非暴力でポジティブなバイブスにどんなやさぐれも笑顔になってしまう。Reggaeバンドでも歌っている熱いラスタマン
※写真、紹介文はAJPPJのHPから引用


 さて名古屋での講習会の概要は以下の通りです。

■ 日時:2010年8月21日(土)、22日(日)
■ 場所:名古屋市中スポーツセンター2F 軽運動室(大) →地図
■ プログラム:①10-12:00 ②13-15:00 ③路上ホーダ16-18:00 
■ 参加費:1コマ2,500円、同日2コマ4,500円、同日3コマ6,000円、2日間フリー9,000円
■ 問い合わせ、申し込みはliberdade@magic.odn.ne.jp(久保原)まで。



 メストリにとってはもちろん初来日。9月半ばまでの長期滞在で、イウナ率いるAJPPJもレッスン、ホーダにパワー全開で頑張っているようです。関東方面の方は、ぜひ直接メストリに会いに行ってみてください!

AJPPJの公式サイトはhttp://ajppj.com/top/index.html
イウナのブログはhttp://ajppj.exblog.jp/
[PR]
by vadiacao | 2010-07-21 17:42 | イベント情報

8月のリオにジョアン・グランジ

f0036763_958486.jpg


 リオのメストリ・マホンが主催するイベント「Vadiando entre amigos」にメストリ・ジョアン・グランジがやってくることになりました。カベロとチーザもいっしょです。

 8月13,14,15日の3日間。場所はいつものコパ・レミです。

 フランスのメストリ・カマレオンもゲストの一人に招かれていて、今回の告知も彼から回ってきたものですが、また詳細は追って連絡があるそうです。

 他のゲストは昨年とだいたい同じ顔ぶれです。フェハドゥーラもちょうどイスラエルから帰国している頃ですね。うらやましい~
[PR]
by vadiacao | 2010-07-14 10:05 | イベント情報

メストリ・ブラジリアのカポ50周年記念CDが完成!

f0036763_23463187.jpg


 メストリ・ブラジリアのカポエイラ50周年を記念するCDが完成しました!!

 これまでにメストリがリリースした3枚のアルバムの中から選りすぐりの20曲を収録したベスト盤です。マクレレが2曲、サンバ・ジ・ホーダも1曲収録されていて、ブラジリア・ワールドを堪能できる、非常にお得な1枚に仕上がっています。

 オリジナル・アルバムのうち1枚目の『Ginga Original』と3枚目の『Ginga OriginalⅢ』は、ブラジルでもながらく在庫切れとなっています。とくに『Ginga Original』には、ブラジルのホーダでも歌い継がれている人気曲も多く入っているため、問い合わせも多くいただいていました。今回はアルバムそのままではありませんが、その主要な曲が集められています。

 さらに今回はボーナストラックとしてカポ・オケを3曲収録しました。カポ・オケとは、久保原が勝手に作った言葉ですが、ようするにカポエイラのカラオケのことです(笑)。カポエイラの歌を練習するための伴奏用としてバテリアだけの楽曲を久保原が制作したものです。今回はアンゴラ、サン・ベントなど3種類のリズムを収録しました。


 7/31に名古屋で行うVadiando 2010はもちろん、7/17、7/24の東京と大阪での講習会でも販売しますよ。会場での販売価格は1,500円のスーパープライスです!

 どうしても会場に足を運べない方もご安心を。明日以降、カポエイラ・ショップ ビリンバウでも販売します。


※agradecimento especial:ジャケットのデザインは、ヴァジアソン・メンバーのポチが仕事が忙しい中、連日夜中までかかって制作してくれました。ありがとう!



【ジャケ裏】
f0036763_23551414.jpg


【バックカバー】
f0036763_23553680.jpg

[PR]
by vadiacao | 2010-07-13 00:17 | 音楽(歌・楽器・CD)

今週の土曜日は路上ホーダ!

 7月10日は毎月の路上ホーダの日です。

 午後2時からいつもの若宮大通高架下で。地図など詳しい情報はこちら



[PR]
by vadiacao | 2010-07-08 01:32 | ホーダについて

ブラジリア講習会 東京会場の場所と時間の変更

 7月17日(土)に行うメストリ・ブラジリアの東京講習会の場所と1コマ目の時間が以下のように変更になりました。直前になって申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。

 非常にアットホームで実のあるレッスンになりますよ。参加者のレベルに応じて、メニューを分けたりフレキシブルに対応しますので、初心者の方もぜひお気軽にご参加ください。


テーマ:    「メイア・ルーアに対する対応のヴァリエーション」

日時:      2010年7月17日(土) 
プログラム:  練習① 13:00-15:00、練習② 16:00-18:00、ホーダ 18:15-20:15

場所:      港区スポーツセンター 第4競技場&多目的室(山手線田町駅3分)
        →地図はこちら

参加費:    1コマ:2,500円(2コマ:4,500円、3コマ:6,000円)

★お申込みはpomba@multistripe.netへ。お名前、グループ名、連絡先をお知らせください。
[PR]
by vadiacao | 2010-07-05 21:52 | イベント情報

『Na roda da capoeira』 8

【訳出済み】
 次回の単語テスト範囲は、20ページ下から4行目の「na arte do corpo」までです。

 そろそろ同じような単語が繰り返し登場してきているのを感じませんか。積み重ねあるのみ!頑張ろう!!

f0036763_21312299.jpg
f0036763_2134155.jpg


 米国、ヨーロッパが海外のカポエイラ普及の拠点ではあったが、同時に日本、イスラエル、南アフリカ、カナダなどでもカポエイラが広まった。近年は東ヨーロッパ(ポーランド、エストニア、セルヴィア、フィンランド)、ラテンアメリカ(メキシコ、ベネズエラ)、アフリカ(アンゴラ、モザンビーク)などにも広がっている。まるで世界中がカポエイラを学んでいるような分布図になっている。

O aprendizado
 アカデミアで教えられるようになる前、カポエイラは日常のホーダ、フェスタや果し合いのホーダの中で学ばれていた。練習専用の場所というものがなかったため、メストリたちは八百屋や飲み屋の前、広場、自宅の庭などでカポエイラの教えを伝えていた。

 たとえ学校などのような閉ざされた場所で教えられていた場合でさえ、メストリたちの多くは体系立った教え方を持っていたわけではなかった。生徒たちの学び方は、古いメストリたちが「de oitiva」と呼ぶようなやり方で、観察し、体験し、なによりもジョーゴの実践の中で学ぶというやり方だった。

 「oitiva」というのは港で仕事を待っていた者たちがしていたことを呼んだ俗な言い方である。一般的に単発の仕事の求人は、港にたまっている労働者たちに向けて現場の親方が叫びかけるやり方だった。労働者たちは耳を澄まし、注意を払いながら待っていた。そういうあり方は非常にカポエイラ的なものだった。仕事を待っている間ホーダが行われ、そういうところで初心者たちも手ほどきを受けたものだった。

[PR]
by vadiacao | 2010-07-04 21:06 | カポル語道場

『Na roda da capoeira』 7

【訳出済み】
 次回の単語テスト範囲は18ページの「A globalizacao da capoeira」から19ページの下から5行目「retornar para o Brasil」まで。
f0036763_21132294.jpg


 カポエイリスタたちが世界に出て行くことになったきっかけのひとつはフォルクローレ・ショーの遠征だった。メンバーの中にはグループから離れ、行き先の地に根を下ろすものもいた。

 メストリ・ジェロン・ヴィエイラのケースもまさにそれだった。Viva Bahiaの一員としてヨーロッパ各地で一連の公演を行った後ロンドンに残り、最終的に1975年公演に訪れたニューヨークに根を下ろした。そこにはアメリカ合衆国におけるカポエイラ普及の先駆者であるロレミウ・マシャードがいた。1979年カポエイラは西海岸にも広がりを見せる。カリフォルニアにメストリ・アコルデオンが行ったことで、北米の両側をカバーすることになった。

 さらに下って1990年メストリ・ジョアン・グランジが米国で最初のアンゴラの道場となるCapoeira Angola Centerをニューヨークのマンハッタンにオープンさせた。1994年にはメストリ・コブラ・マンサがメストリ・ヴァウミールとともにワシントンに(国際カポエイラ・アンゴラ連盟)FICAを設立した。

 ヨーロッパで最初にカポエイラをもたらしたのはおそらくメストリ・ネストール・カポエイラだろう。グルーポ・センザーラで最上位の赤帯を取得したあと世界を旅することを決意し、1971年にロンドンを訪れた。そこであるダンススクールでカポエイラを教え始めた。メストリ・ネストールはブラジルに戻るまでの3年間ヨーロッパ各地を回りカポエイラを広めた。

[PR]
by vadiacao | 2010-07-04 21:02 | カポル語道場


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧