カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

『Na roda da capoeira』 10

【訳出済み】 Vadiandoからシロ講習会までずっと日曜日がつぶれてきたので、ポル語勉強会もお休みしていましたが復活します。今回は2回分まとめてアップしています。

 テストの範囲は26ページの最後まで。

 この写真のメストリ・ボカ・ヒーカ凛々しいですね。まだフェイラに売り場を持っていたころでしょう。

f0036763_11271854.jpg


f0036763_18273341.jpg

 見方の明瞭な違いからビンバとパスチーニャは、それぞれヘジオナウとアンゴラのシンボルとなった。さらにはそれらの種目に教育的な意味を与えた。カポエイラの学校化は、2人のメストリと彼らの「学校」によって基礎が固められた。そこは若い世代の弟子たちにとって参照される場となった。またそれらの学校は、その伝統を守り続けている2つのスタイルにとっても参照の場となった。バイーアで作り出され、1930年代から40年代に定着したそのモデルは、その後ブラジル中の様々な都市や国外に広まり、ビンバ、パスチーニャの伝統を受け継ぐものとして神聖化された。

 それにもかかわらず現代で主流になったのは、1960年代半ばにブラジル南東部、とくにサンパウロとリオに現れたアンゴラとヘジオナウの混合した形態だった。それに加え、昇級を表す腰帯の利用など、新たな要素も付け加えられた。この新しいスタイルは、カポエイラの中でまだ定着した名称を持っていない。ある人は「コンテンポラリー・カポエイラ」と呼んだり、その他の人は「前衛カポエイラ」と呼んだり、「現在のカポエイラ」「主流のカポエイラ」と呼ぶ人もいる。このスタイルを代表する主なグループはリオのセンザーラ、アバダ、サンパウロのカチヴェイロやコルダゥン・ジ・オウロである。


 このようなメストリやグループごとの多様性にもかかわらず、ホーダの儀礼的側面だけはは共通点として確立されている。宗教性や料理法など、その多様な文化表現を内包しながら。
[PR]
by vadiacao | 2010-08-31 23:55 | カポル語道場

『Na roda da capoeira』 9

 【訳出済み】

 テストの範囲は24ページ、下から6行目の「na Bahia」まで。


f0036763_23325673.jpg

 犯罪化の数年後、とくに1920年代以降、カポエイラはブラジル社会に吸収され始めた。そういう社会化の課程が、カポエイラの最初のアカデミーの出現など、多くの変革をもたらすことになる。
 
 カポエイラのアカデミーを最初に作ったのはメストリ・ビンバで、1932年にサルヴァドールのエンジェーニョ・ヴェーリョ・ジ・ブロッタス区に作ったものだった。1937年ごろ彼のアカデミーは政府の正式な認可を受ける。教育・健康局と社会福祉局はそのアカデミーをCentro de Cultura Fisica e Capoeira Regionalという名称で体育教育の学校として登録した。そのスポーツ性と戦闘性を強調した形で。1941年にはメストリ・パスチーニャがCentro Esportivo de Capoeira Angolaのカポエイラ・アンゴラの教えを公認させた最初の人物となった。

メストリたちと様々なスタイル
 カポエイラにはひとつの歴史的な区切れ目がある。1928年にメストリ・ビンバが当時は「luta regional baiana」とよばれていたカポエイラ・ヘジオナウを創出し、伝統的なカポエイラを打ち砕いた。それに対しカポエイラ・アンゴラのメストリたち、とくにメストリ・パスチーニャは、カポエイラ・ヘジオナウの中に取り入れられたほかの格闘技の要素、柔術、バトゥキ、その他のアフリカ系格闘技やダンスの影響に対し、自らの伝統を回復した。

 パスチーニャのもうひとつの目的はカポエイラを社会的に認知させることにあり、カポエイラを「生涯のスポーツ」と呼んでそのスポーツ的な特性を否定しなかった。それでありながらそのアフリカ性にこだわった。それに対しビンバは、黒人文化の影響を否定しなかったものの、カポエイラはブラジル、とくにバイーアで誕生したものだと主張した。

[PR]
by vadiacao | 2010-08-31 23:47 | カポル語道場

メストリ・シロ講習会の写真

 フナちゃんありがとう!8月22日の路上ホーダの後に撮った写真をフナちゃんが送ってくれました。

 ここでは容量の関係で小さくしてありますが、オリジナルを欲しい人はメールで送るので連絡ください。

f0036763_10144980.jpg
 片づけのときに慌てて撮った1枚です。これまでどの講習会のときも記録用の集合写真に気が回らなくて、後で後悔しています。先に帰ちゃってた人たちごめんなさい。



f0036763_1150615.jpg
 こちらはシロお得意のポーズですが、名古屋のパルコをバックにしているというところがみそですね!
[PR]
by vadiacao | 2010-08-31 10:20 | イベント情報

サンパウロ大学で第12回カポエイラ・クリニック

f0036763_1019297.jpg
 金土日と、ちょうど昨日までサンパウロ大学で開催されていた「カポエイラ・クリニック」です。

 ところでチラシ右下にある黄色い星型のロゴ、ヴァジアソンの人は見覚えありませんか?いま東京にいるフェルナンドのユニフォームについていたやつですね。つまりこの講習会の主催は、フェルナンドの師匠で、サンパウロ大学に勤務するメストリ・グラドソンなんです。私が群馬のウィルソンといっしょに2000年に最初に名古屋に招聘したメストリでもあります。今のヴァジアソンでグラドソン講習会に参加した人はほんの数人ですね。

 そのウィルソンと私が知り合ったのも95年に参加した第5回の「カポエイラ・クリニック」でした。奥さんのベルナデッチと一緒に参加していて、来年日本に行くんだと言っていました。私が96年に一時帰国した時も、浜松の小学校に招かれて一緒にカポエイラを紹介したりました。

 それにしても今回のゲストも豪華ですね。うちルーア・ハスタとフッソは名古屋にも来ていてより身近に感じます。カルロス・エウジェーニオはカポエイラ研究者で、おそらくブラジルでトップの一人です。最近は多くのカポ・イベントにゲストスピーカーとして招かれています。実はこの人、メストリ・モライスの修士論文か博士論文かの指導教官でもあるんですよ。私もサルヴァドールで何度か話したことがありますが、いかにも研究者タイプと言う感じの人物です。

 クリニックには毎回4人のゲストが招かれます。ちなみに95年の第5回のときは故パウロ・ドス・アンジョス、ノー、故レオポウジーナ、イタポアンの4人でした。それに加えて地元からブラジリア、スアスナ、ケヌーラらが顔を出すんですから本当にすごいイベントでした。その後たしか第7回のクリニックにも私は参加しています。その時のゲストはトニ・ヴァルガス、ペリキット・ヴェルジ(アバダ)たちで、子供に対する指導のエキスパートです。ポンシアーノ(コルダゥン・ジ・オウロのポンシアニーニョの伯父さん)は障害者に対する指導のパイオニアで、その日も彼の生徒たちが来ていて、一緒にホーダをしました。

 このサンパウロ大学のカポエイラ・クリニックは、ただ集まってホーダをしようと言うだけでなく、毎年テーマを決めて、その分野の第一人者を招へいして学ぶという、非常に目的の明確ないいイベントです。またそういう意識のあるカポエイリスタ達がブラジル全土から集まってくるので、仲間のネットワークもできるんですね。私もこのイベントで知り合ったカポエイリスタ達にはとても大きな影響を受けました。

 95年当時、まだカポを始めて半年にも満たない私に参加を勧めてくれたメストリ・ブラジリアに今さらながら感謝します。
 
[PR]
by vadiacao | 2010-08-26 10:20 | イベント情報

ブラジリア大阪講習会ホーダ

 2010年7月24日に大阪で行ったメストリ・ブラジリア講習会のホーダの一コマです。

 この日は私も朝から頭痛で通訳・進行にもなにかと至らない点があったかと思いますが、月さん初めカプーの皆さんの協力のおかげでとても有意義な集まりになりました。本当にありがとうございました。

 最後のホーダにはサンパウロのNZINGAに入って修行していたこうすけ君も駆け付けてくれて、数年ぶりに再会できました。様々な都合で講習会のみの参加となった皆さん、これまでメールでしかコンタクトがなくて、この日初めて直接お会いできた人もいて、私にとっても素晴らしい一日になりました。

 大阪は東京に比べれば半分だし、昨年末のカプー年忘れホーダ、先日のカプー・バチザードと交流も濃くなってきてますね。そのせいかVadiando2010、先週末のシロ講習会にも関西方面から参加いただいた方が増えてきて、とてもうれしいです。また今後ともよろしくお願いします!
















[PR]
by vadiacao | 2010-08-24 09:22 | イベント情報

VIVA メストリ・シロ!!

 土曜、日曜とメストリ・シロの講習会すばらしかったです!ジンガの奥深さ、ネガチーヴァの奥深さを改めて見直させられましたね。この先1年間は十分に勉強できる素材をいただきました。

 メストリ・ジョアンのやり方を踏襲し、CDも流さずにもくもくと動きを練習するのも新鮮でした。そこにスローテンポなシロ・ワールドが絶妙にマッチしてしていますね。またひとりずつ手とり足とりの指導の仕方にも伝統的なカポエイラの教え方を感じさせられました。ビンバもカンジキーニャも一人一人生徒の手をとって指導していたと聞いてます。

 また写真や動画も追って掲載していく予定です。すでに2日分のホーダはDVDに落としました!明日イウナには郵送します。

 イウナ、ヨシ君らAJPPのメンバー、遠くから参加していただいたみなさん、ヴァジアソンのメンバーも本当にありがとうございました。








 
[PR]
by vadiacao | 2010-08-23 22:25 | イベント情報

ブラジリア東京講習会ホーダ

 7月17日に東京で行ったメストリ・ブラジリア講習会のホーダです。

 東京の会場をセッティングしてくれたポンバ始めコルダゥン・ジ・オウロの皆さん、ご参加いただいたすべてのグループの皆さんと彼らの参加を了承してくれたリーダーの皆さん、本当にありがとうございました。

 バテリアのスピードは通常のヴァジアソンのものより少し早目ですが、あえてコルダゥン・ジ・オウロらしいスピーディーでエネルギッシュなリズムで行ってみました。私もちょっぴりブラジル時代を思い出しました!

 ジョーゴについては、参加者の方々になかなか了承をとりにくいので私が出ているところだけアップしましたが、最初から最後まで素晴らしいホーダでした。また次回が楽しみです!!たぶん次は12月の初めにメストリ・ヘネを連れて東京に行くと思いますが、その時は皆さんよろしくお願いいたします。








[PR]
by vadiacao | 2010-08-19 10:29 | イベント情報

クラウジオとペルナロンガ

 さきほどバイーアのメストリ・クラウジオ、サンパウロのメストリ・ペルナロンガと電話で話しました。

 クラウジオの家には今うちのモランゴがお世話になっています。イタリア在住のブラジリアの生徒メストリ・バイシーニョのイタリア人の生徒もクラウジオの家に滞在して特訓を受けているようです。またクラウジオは、先ごろ新しいCDをリリースしたばかりで、今回それも送ってもらいますよ。また入荷し次第カポエイラ・ショップ ビリンバウで販売します。

 クラウジオとはかねてから日本に呼ぶタイミングを話しているんですが、毎年1月に彼らのグループの大きいイベントがあるし、我々の都合ともなかなか折りあいが合わずに来ています。「でも、いつか、きっと」というのが、いつも別れ際の言葉です(笑)。

 ペルナロンガは昨日リオから帰ったばかりだそうです。前にこのブログでも紹介したメストリ・マホン主催のジョアン・グランジのイベントに参加していました。ジョアン・グランジはすでにカベロの住むバイーアのイタカレに移動して、明日からそちらでイベントが行われます。フェハドゥーラ、マホンたちはもちろん、ペルナも明日バイーアに発つとのことでした。連日のビッグイベント羨ましいですね。

 ペルナロンガは来年の6月ごろにヨーロッパに行く予定があるので、ひょっとするとその帰りに名古屋に寄る可能性もあります。彼の奥さんは日系の3世なんですよ。
[PR]
by vadiacao | 2010-08-18 11:32 | その他・雑談

メストリ・ブラジリア無事帰国

f0036763_1123501.jpg

 7/14から来日していたメストリ・ブラジリアが、一連の講習会、イベントを終えて8/1に無事帰国しました。あっという間でした。

 東京、大阪の講習会に参加していただいた皆さん、7/31の『Vadiando 2010』にお越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。課題や改善点をいろいろ残しながらも、非常に充実した学びの機会になったと思います。

 参加者の方々から私がいただくメールは、すごく良かったというお褒めの内容ばかりですが(笑)、「こうすればもっと良くなる」「次回はこうしてほしい」というような要望もあるはずです。そういうことも他のところで言う代わりに、ぜひ私のほうにお寄せください。いろいろな意見を集約して、より楽しい場を作っていければと思います。

 このあとカポエイラ・ヴァジアソンでは8/21、22とメストリ・シロの講習会が続きます。他団体の方でも関心のある方は是非ご参加ください。
[PR]
by vadiacao | 2010-08-03 11:16 | イベント情報


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧