カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



カポツアー2005 - リオ編

 11月7日の夜行バスでリオに向かいました。5年前と比べると運賃が倍以上になっていましたが、5年で倍ならまだましと考えるべきかも。
 リオには朝一番につきます。天気は残念ながら曇り。それでもコパカバーナの海岸に出て、ひとしきり佇みました。その後腹ごしらえをして、今晩お世話になるドナ・レアの家へ。

リオ到着(Morango):http://capotour.exblog.jp/929035/
      (Viagra):http://capotour.exblog.jp/920652/         
      (Garcao):http://capotour.exblog.jp/1059394/
      (Darai):http://capotour.exblog.jp/1238731/

 私の今日のインタビューは、リオのカポエイラ研究の第一人者の一人、アンドレ・ルイス・ラセーです。あらかじめ友人のミウチーニョが紹介の電話を入れておいてくれたので、コンタクトもスムーズに行きました。彼は、シニョジーニョ【Sinhodinho】の弟子で、ビリンバウ、パンデイロなど音楽を伴うバイーアのカポエイラとは完全に異なるタイプのカポエイラを学んでいました。私をリビングの真ん中に立たせ、いろんな技を紹介してくれるのですが、加減なく当ててくるのでサンドバックになった気分でした。

f0036763_942376.jpg 彼の職業は、経営コンサルタントですが、一方でリオのカポエイラ研究もしていて、これまでにも何冊か本を出しています。昔はカポエイラを専門に取り上げるラジオ番組を制作していたこともあり、私も以前にその録音テープを入手していましたが、その日のゲストはメストリ・カイサーラで、当時リオにいたメストリ・モライスなどもバテリアの手伝いとして出演しています。彼の部屋にある資料は、それはすごいです。私がコピーのコピーを持っていた本の初版オリジナルがあったり、古い録音、映像があったり・・・、また彼のすごいところはそれらをすべてコンピューターで管理しているんですね。何がどこにあるか、内容も目録形式で瞬時に出てきます。とても勉強になりました。


リオ観光(Viagra):http://capotour.exblog.jp/920859/
大学見学(Darai):http://capotour.exblog.jp/1303066/
            http://capotour.exblog.jp/1326462/

 夜は、サンパウロで知り合ったフェハドゥーラのところへ遊びに行きました。彼はメストリ・マホンの生徒で、メストリが海外を旅行中のため、この日は彼がレッスンを取り仕切ります。私はあいにく風邪を引いていたので、練習は見学させてもらうことにしました。彼とはサンパウロにいたときからいろんな話をしましたが、カポエイラに対する考え方が実によく合います。私もまったく同感なんですが、カポエイラを分けるとすれば、それはアンゴラとかヘジオナウとかではなく、マニュアル的なカポエイラ【capoeira mecanica】か自由で創造的なカポエイラ【capoeira livre】かという見方ですね。アンゴラのなかにも型にはまったジンガやマンジンガしかしない人もいますし、コンテンポラニアにだって相手に応じて変幻自在にクリエイティブなジョーゴをする人がいっぱいいます。それはスタイルの問題じゃないんですね。この日も、練習が終わった後、つい話し込んでしまって、みんなを待たせてしまいました。本当は逐一通訳して、みんなにも説明してあげられればどんなに実り多いかと思いますが、あいにく時間もないし、ネタも多すぎるものですから、そういう説明は後回しになってしまいます。最もこちらが心配するほど誰も関心を示さないですが・・・。

アカデミアの練習(Viagra):http://capotour.exblog.jp/921636/

 アカデミアを後にするころには時間もかなり遅くなっていましたが、ダライがまだ一度もシュハスコを食べていないということで、シュハスカリアで夕食をとりました。

 翌9日は、昼からメストリ・フッソと約束があったので、午前中だけパン・ジ・アスーカの観光に付き合いました。天気がよければ、ハイキングと岩登りルートから頂上を目指す予定もあったのですが、前日の雨で足場が危険ということで中止。残念・・・。

 午後からのインタビューは、風邪のため辛くなってきたので、ファベーラ・ツアーに参加することにしました。本当ならメストリ・アララ、メストリ・ジョゼ・カルロスを訪れる予定だったのですが、また次回に回すしかありません。ここで倒れたら元も子もないと、2泊の予定を1泊に変更して、サンパウロへ戻ることにしました。
f0036763_95074.jpg
ファベーラ遠景


ファベーラ・ツアー(Morango):http://capotour.exblog.jp/990107/
           (Garcao):http://capotour.exblog.jp/1074373/

f0036763_951625.jpg
電線ぐちゃぐちゃ



 
[PR]
by vadiacao | 2006-03-19 07:46 | その他・雑談
<< あなたのカポエイラはどれですか? ① 職業としてのビリンバウ職人 >>


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧