カポエイラ・ブログ -Roda de Papoeira-


パポエイラとはカポエイラに関するパポ(おしゃべり)のこと。このホーダにはカポエイラに関心のある人なら誰でも参加できます。いちおう管理人としてグンガは久保原が担当してます。Ie~~
by vadiacao
カテゴリ
全体
パポエイラについて
カポエイラ全般
音楽(歌・楽器・CD)
カポエイラの技術
レッスンの感想・提案
ホーダについて
カバッサ栽培日記
カポエイラ探検隊
カポル語道場
イベント情報
ヴァジアソンの練習
サンバ
その他・雑談
以前の記事
リンク
■カポエイラの総合サイト:         「カポエイラ入門」

■カポエイラ・グッズ専門:  「カポエイラ・ショップ     ビリンバウ」

■ビリンバウの専門サイト:
「ビリンバウ入門」



カポエイラ探検隊2006の隊員募集!

 この秋、たぶん10月の第2週くらいからになると思いますが、カポエイラ探検隊2006と題して、カポエイラのちょっとしたスタディ・ツアーのようなものを行う予定です。隊長は私、久保原が務めます。現在、隊員募集中ですので、以下の説明を読んでぜひ参加したいという方はご連絡ください。現地ではかなりアクティブに動きますので、定員は私以外に5人くらいまでと考えています。

 この探検隊の最大のメリットは、個人で行った場合なかなかコンタクトが難しい古いメストリたちやさまざまなグループと交流が図れるということです。ここではブラジル中に張り巡らされた隊長のコネクションをフルに活用します。近年、ブラジルの本部団体に修行に出かける人が増えてきていますが、限られた時間やポルトガル語の問題もあって、なかなか自由に動くのは難しいですよね。そもそもどこにどういうメストリたちがいて、どういう経歴の持ち主かなどというのも、よほど調べないと分からないと思います。もちろん自分たちのメストリと練習するのは基本中の基本ですが、せっかくカポエイラの本場まではるばる行っているわけですから、さまざまなメストリたちの話に耳を傾け、いろんなスタイルのカポエイリスタとジョーゴをしてみるというのは、その後のカポエイラ人生にとってかけがえのない肥やしになるはずです。日本という「井戸」を出て、ブラジルという「大海」に乗り込んだはずが、ブラジルの中の「井戸」に再び納まってしまうのはもったいないと思いませんか?地域的にもメストリによっても非常に多様性に満ちたカポエイラという大海原を漂流してみようというのが、この探検隊の最大の目的です。

 とりあえず探検隊の活動地としては、サンパウロ、リオ・デ・ジャネイロ、バイーア(サルヴァドール、イタパリカ島、サント・アマロなど)を予定しています。活動期間は2週間くらいになると思います。私個人としては、1ヶ月ほどブラジルに滞在するつもりですが、探検活動は前半の2週間くらいになる予定です。ですから上の活動地すべてを回ることは難しいと思いますが、具体的にどこで何をするかは現在調整中です。決まり次第お知らせしますね。また探検には付き物なんですが、「今週末あそこでこんなイベントがあるよ」などという情報が、現地に行くと常に飛び込んできます。そんなときは隊員と話し合って、随時予定を変更します。面白そうなものには、すぐ飛びつきます!

 コスト的にも、可能な限りリーズナブルに抑えるつもりです。宿泊先もサンパウロであればリベルダージの日系団体の施設、サルヴァドールではユースなど、これまで私が個人的に利用してきた安宿を利用します。もちろんリッチな気分を味わいたい隊員は、それなりのホテルに泊まって、翌朝待ち合わせすることも可能です。食べるほうも、路上のホットドッグから、おいしい大衆レストラン、ゴージャスなシュハスコ・レストランまで、こっちのほうはメリハリを付けて、これまた穴場をいろいろ紹介します。

 最後にちょっと探検隊のからくりを説明しておきますと、隊長の会社(カポ企画といいます。よろしく!)は、旅行代理店の資格を持っていませんので、いわゆるパッケージ・ツアーを販売することはできません。ですから正確に言えば、久保原が隊長として提供するのは現地でのコーディネーターというサービスだけです。ただしスポンサーとの関係上、往復の航空券はこちらでまとめて購入させていただきますし、基本的には全員同じ飛行機でブラジルに行きますので、実質的には他のツアーとさほど変わりません。また細かい規定については、追ってお知らせします。先にお知りになりたいことがある方は、遠慮なくお問い合わせください。liberdade@syd.odn.ne.jp(久保原)

 とりあえず関心をもたれた方はご連絡ください。また特にこういうことがしてみたいという希望のある方は提案をお寄せください。差し当たって先着順で定員をきるということはしませんが、隊員の顔ぶれや関心の所在によって、活動プランを作る参考にしたいと思います。なおもともと隊長ひとりでも行く予定の探検ですので、たとえ隊員が5人に満たないとしても探検自体が中止になることはありません。

 2005年のカポ・ツアーについては、私はまだ全部書いていませんけども、次の記事を参考にしてください。

カポツアー2005 - リオ編
カポツアー2005 - サンパウロ前半編
「ブラジル日記」:参加したヴァジアソンの仲間が書いてます。

[PR]
by vadiacao | 2006-06-16 16:42 | その他・雑談
<< 天井を設置しました 政岡さん、ありがとうございました! >>


最新の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧